1. TOP
  2. 資料館
  3. ニュース・イン・ブリーフ
  4. 京都でヘイトスピーチ対策の推進を求める会、設立報告集会(5月31日)

京都でヘイトスピーチ対策の推進を求める会、設立報告集会(5月31日)

 京都の研究者や弁護士、市民などでつくる「京都府・京都市に有効なヘイトスピーチ対策の推進を求める会」(以下、求める会)の設立報告集会が5月31日に同志社大今出川キャンパスで開かれ、記念フォーラムが開催されました。約100人が参加しました。
フォーラムでは、「ヘイトスピーチへの対処に関する条例案」が5月22日に議会に提出された大阪市から、条例案のベースとなる答申をまとめた同市人権施策推進審議会の会長で弁護士の川崎裕子さんと、市民の側から条例案を提言した「いっしょにつくろう!大阪市ヘイトスピーチ規制条例」(事務局:多民族共生人権教育センター)の文公輝さんが、大阪市における審議や条例案をめぐる議論の過程を報告しました。
また、「求める会」の呼びかけ人のひとりである同志社大学教員の板垣竜太さんが、京都朝鮮学校襲撃事件の起きた京都で何をすべきかについて課題を提示しました。
「求める会」は、京都府・市に被害の実態調査や条例制定など具体的なヘイトスピーチ対策を促すために2015年3月に発足しました。「求める会」は、京都に在住・通勤・通学などゆかりのある人を対象に府・市に提出する要望書への署名を集めています。第1回目の提出は、1年前に在特会による京都朝鮮学校襲撃に対する大阪高裁判決が出た7月8日に予定されています。
また、神戸市でも市民が規制条例を求める取り組みを始めており、6月20日にキックオフ学習会が開催される予定です。
 
<参考>
http://antiracismkyoto.wix.com/antiracism
https://www.facebook.com/nohatespeech.kyoto
京都府・京都市に有効なヘイトスピーチ対策の推進を求める会
https://www.facebook.com/humanrights.for.all.kobe
すべての人に尊厳と人権を!ヘイトクライムをなくそう!神戸連絡会

To the page top