ヒューライツ大阪は
国際人権情報の交流ハブをめざします

MENU

ヒューライツ大阪は
国際人権情報の
交流ハブをめざします

  1. TOP
  2. 資料館
  3. ニュース・イン・ブリーフ
  4. 国連エイズ合同計画(UNAIDS)プレス・リリース (2003年11月10日 ジュネーブ)

国連エイズ合同計画(UNAIDS)プレス・リリース (2003年11月10日 ジュネーブ)

UNAIDSはカナダ政府が、製薬会社がより低価格のジェネリック薬を生産し開発途上国への輸出を可能とするために、特許関連法の改正法案を提出したこと について歓迎の意を表明しました。カナダ政府によるこの法案提出は、WTOのメンバー国が8月に合意した、開発途上国における公衆衛生を保護し、HIV感 染者の薬を含む、薬へのアクセスを確保するために支援するという協定を実行するために、法的改革に取り組んだG8諸国の最初の国であることを示していま す。この法案が可決されれば、カナダの製薬会社は抗レトロウィルス薬のジェネリック薬の生産と、現在、薬の生産能力を持たない開発途上国への輸出が可能と なります。HIV/AIDSの影響を最も受けているサハラ以南のアフリカでは、治療を必要とするHIV感染者・AIDS患者のうちたった1%しか薬へのア クセスを確保されていないと推定されています。詳しくは、http://www.unaids.org/en/default.asp