MENU

ヒューライツ大阪は
国際人権情報の
交流ハブをめざします

  1. TOP
  2. 資料館
  3. ニュース・イン・ブリーフ
  4. 世界がSDGsの気候変動への対策に動かなければ、COVID-19による悪影響を凌ぐ事態を招くかもしれない-国連事務総長

世界がSDGsの気候変動への対策に動かなければ、COVID-19による悪影響を凌ぐ事態を招くかもしれない-国連事務総長

以下は、2020年11月12日付の国連ニュースで報じられた、開発銀行の会合におけるグテーレス国連事務総長の気候変動対策を促すメッセージの翻訳です。
 
アントニオ・グテーレス国連事務総長は2020年11月12日、各国の主要な公的開発銀行の会合で、パリ協定5周年と持続可能な開発目標(SDGs)が採択されたことは「関連しあっている」と語った。
「いま私たちが下す決断が、次の30年、そしてその先の道筋を決定することになる。気温上昇を1.5℃に抑える目標を達成するためには、2030年までに温室効果ガスの排出量を半減させ、2050年までに排出量を実質ゼロにしなければなりません」と、事務総長はオンラインの「共通金融サミット」へのメッセージで述べた。
「もしこれらの目標を達成できなかった場合、気候危機がもたらす悪影響によって、COVID-19によって引き起こされる経済、社会、人々への混乱もかすむほどの事態を引き起こすかもしれない」。
グテーレス事務総長は、世界は経済・社会危機からの回復に向けた努力を一層強化し、SDGsを達成し、持続可能で包摂的かつ回復力のある未来を構築するために「軌道に乗る」努力への共通の責任を負っている、と主張した。
「世界的な連帯はウイルスを克服し、より良く回復するために不可欠です」と述べた。
 
励みとなるきざし
国連事務総長は、実質排出ゼロの目標にコミットする国が増えていることに勇気づけられていると述べた。
彼は、EUが2050年までに最初のカーボン・ニュートラル(炭素中立)圏になることを約束し、COVID-19の復興パッケージをその目標に合わせていることを紹介した。また、英国、日本、韓国をはじめ110カ国が2050年までにカーボン・ニュートラル達成の誓約をしており、中国は2060年を目標にしていると述べた。
「これは、世界の国内総生産の50%、世界の二酸化炭素排出量の約50%相当が、実質排出ゼロという約束でカバーされていることを意味します」とグテーレス事務総長は説明し、「多くの都市や企業は、自分たちには代替手段がなく、いまがチャンスであることを認識しているのです」と付け加えた。
 
まだ取り組まれていない
しかし、これまでのところ、SDGsに必要な措置への資金提供については、大胆なコミットメントはなされていない。
事務総長は、公的開発銀行は最も必要とされるところに譲歩的条件融資を提供し、民間資金を活用することで「主導的な役割を果たすことができる独自の立場にある」と指摘した。
「これは、われわれの経済を再起動させ、カーボン・ニュートラルで、持続可能な未来への道をしっかりと歩ませるために不可欠です」と彼は語った。
 
重要なステップ
事務総長は、2050年までに公的開発銀行の任務に、SDGsとカーボン・ニュートラルのコミットメントに整合性を持たせる必要があるとし、これらの目標を達成するための5つの措置を説明した。
「SDGs債を含め、誰ひとり取り残すことがないよう、すべての取り組みにジェンダーと持続可能性を盛り込んだ改革プログラムへの投資をすることです」と述べた。
承認プロセスが簡素化された緊急資金が今後膨大な需要を生むとみるグテーレス事務総長の第二のポイントは、特に公衆衛生と食糧安全保障に関する緊急救済措置への資金調達を優先させることである。
「公的開発銀行による投資は、民間資金にとって代わるのではなく、より多くの民間資金を呼び込むことである。そして、公的開発銀行が活動する国のガバナンスと規制の枠組みを改善する機会を提供するとともに、確実性を提供し、より必要とされる資本を呼び込むことができます」と述べた。
第三に、特に最も脆弱なグループのために、適応と回復力のための公的開発資金を大幅に増加させる必要があると述べた。
「すべての人々のための公衆衛生、食糧安全保障、万人のための教育、女性・少女、最も脆弱な立場にある人々のエンパワメント、生産的な投資と雇用の支援、エネルギーへのアクセス、人権促進などに大規模な投資を行う必要があります」と事務総長は述べた。
また、公的資金と民間資金の両方がSDGsとパリ協定を支援するために透明性を確保することが重要であると述べた。
「持続可能な金融のための規範、基準、認証メカニズムを策定するために協力しましょう」とすべての国に促した。
最後にグテーレス事務総長は、より良いデータの必要性を強調した。「われわれは、公的開発銀行が発展途上国に必要な意思決定を行うための能力強化に有効なデータと統計に投資し、より良い協働行動のために、意思決定者とオープンにデータ共有する必要があります」と述べた。
事務総長は参加者に対し、国連の方針は「世界の金融界と世界中の政策立案者にシグナルを送り、開発金融を変革するとともに21世紀にふさわしい新しい経済の基礎が築けるよう支援します」と述べた。
(翻訳:坂本和歌子・ヒューライツ大阪インターン)
 
<出典>
https://news.un.org/en/story/2020/11/1077542
COVID disruption will ‘pale in comparison’ if world fails to act on climate change, SDGs  (UN News 12 November 2020)