1. TOP
  2. 資料館
  3. ニュース・イン・ブリーフ
  4. 日本商工会議所、「中間技能人材」としての外国人労働者の受け入れを提言(2018年4月)

日本商工会議所、「中間技能人材」としての外国人労働者の受け入れを提言(2018年4月)

 日本商工会議所は、政府で検討中の「専門的・技術的分野」の外国人材受け入れの見直しに関して、「現行の出入国管理制度では認められていない、一定の専門性・技能を有する外国人材を『中間技能人材(仮称)』と定義し、新たな在留資格を創設したうえで、積極的に受け入れていく」よう要望する意見書を取りまとめ、4月26日に発表しました。

 日商は、労働者不足が深刻化するなか、外国人材拡大の提言を2017年11月に初めて発表していましたが、今回はさらに具体的な内容になっています。

 「中間技能人材」の創設にあたっては、「原則、人手不足の業種・分野であることを受け入れの基本的な条件とし、期間は他の在留資格と同様に5年を上限に更新可とすべき」と提言しています。

 「中間技能人材」は、政府が設定した業種・分野ごとに求められる専門性・技能を有することとしています。それらを裏付ける要件として、(1)母国における5年程度の実務経験および高卒以上の学歴を有している、(2)技能実習修了者、(3)日本の国家資格等取得者のいずれかに該当する者、としています。

 また、受け入れ制度の構築にあたっては、送り出し国と日本との二国間協定(MOU)を交わすことを条件としています。受け入れの管理・支援機関を設置する場合は、日本の公的機関が担うことが望ましいと述べています。

<出典>
https://www.jcci.or.jp/recommend/2018/0426110527.html
(日本商工会議所)
 「専門的・技術的分野の外国人材受け入れに関する意見」について
2018年4月26日
https://www.jcci.or.jp/cat298/2017/1116140614.html
「今後の外国人材の受け入れのあり方に関する意見」について
2017年11月16日

To the page top