MENU

ヒューライツ大阪は
国際人権情報の
交流ハブをめざします

武者小路公秀前会長のご逝去を悼む

 アジア・太平洋人権情報センター(ヒューライツ大阪)の初代会長であられた武者小路公秀(むしゃこうじ きんひで)様が5月23日にお亡くなりになられたと知らせを受けました。享年92歳。
 武者小路先生は、ヒューライツ大阪設立の1994年から2015年まで会長として、その活動を導いて来られました。
 日本そして国際社会で、市民の力を合わせて人権問題に取り組み、公平と公正に基づいた、全ての人に住み良い社会の実現を目指した改革のためにご尽力されました。ヒューライツ大阪のこれまでの国内外にわたる事業は、先生のご指導・助言によって支えられてきたと言っても過言ではありません。

 ここに、ご生前のヒューライツ大阪に対するご貢献に深く感謝し、永遠の安息、ご冥福をお祈りいたします。

一般財団法人アジア・太平洋人権情報センター 会長 白石 理
2022年7月