MENU

ヒューライツ大阪は
国際人権情報の
交流ハブをめざします

『国際人権ひろば』No. 162(2022年3月号)を発行しました-特集:「ビジネスと人権」をめぐる最新の動向

 ヒューライツ大阪のニュースレター『国際人権ひろば』No. 162(2022年3月号)をこのほど発行しました。

 本号の特集は、「ビジネスと人権」をめぐる最新の動向です。2020年に日本政府が策定したビジネスと人権に関する行動計画をめぐる現状と課題、2021年に開催された第10回「国連ビジネスと人権フォーラム」の概要、多国籍企業への国際課税ルールをめぐる動向に関する記事を掲載しています。

 三輪敦子所長のコラム「人として♥人とともに」は、本誌前号の特集「気候変動」と本号の特集「ビジネスと人権」に深く関係する「公正な移行」をテーマに、人権保障と持続可能な世界への変革の道筋を紐解いています。

 もくじはこちらをご覧ください。前号までのバックナンバーは、ウェブサイトで読むことができます。

 『国際人権ひろば』(A4判16ページ)は奇数月に発行し、会員に配布しています。定期購読も受付けています。年間購読料(年6回)は、2,700円(送料・税込み)です。1冊の場合350円(送料別)です。ご希望の方はEメール(webmail[a]hurights.or.jp)、またはFAX (06-6543-7004)にて、ヒューライツ大阪にお申し込みください。([a]は@に代えてください)