ヒューライツ大阪は
国際人権情報の交流ハブをめざします

MENU

ヒューライツ大阪は
国際人権情報の
交流ハブをめざします

『国際人権ひろば』No. 160(2021年11月号)を発行しました-特集:多様性(ダイバーシティ)が実現する社会とは

 ヒューライツ大阪のニュースレター『国際人権ひろば』No. 160(2021年11月号)をこのほど発行しました。

 本号の特集は、「多様性(ダイバーシティ)が実現する社会とは」です。多様性という言葉が社会に浸透している一方、人権の価値観につながらない使われ方もされています。特集では、そのようなあり方に警鐘を鳴らすとともに、多様性はこうあるべきだと提言する記事を掲載しています。

 三輪敦子所長のコラム「人として♥人とともに」は、SDGsの目標目標14:「海の豊かさを守ろう」を人権の視点から読み解いています。

 もくじはこちらをご覧ください。前号までのバックナンバーは、ウェブサイトで読むことができます。

 『国際人権ひろば』(A4判16ページ)は奇数月に発行し、会員に配布しています。定期購読も受付けています。年間購読料(年6回)は、2,700円(送料・税込み)です。1冊の場合350円(送料別)です。ご希望の方はEメール(webmail[a]hurights.or.jp)、またはFAX (06-6543-7004)にて、ヒューライツ大阪にお申し込みください。([a]は@に代えてください)

cover160.jpg