MENU

ヒューライツ大阪は
国際人権情報の
交流ハブをめざします

7/19までYouTube配信 「世界難民の日 IN KANSAI 2021 縮めませんか『心のディスタンス』、根付かせませんか『国際人権基準』(6/20)

 日本への難民申請者の支援や難民問題の啓発活動に取り組むNGOのRAFIQ(在日難民との共生ネットワーク)を事務局に実行委員会により、6月20日、フォトジャーナリストの安田菜津記さんを講師に迎えて、オンラインイベント「世界難民の日IN KANSAI 2021-縮めませんか『心のディスタンス』、根付かせませんか『国際人権基準』」が開催されました。ヒューライツ大阪は開催協力しました。
プログラムは以下のとおりです。
 
  • 講演:安田菜津記(フォトジャーナリスト)
         「入管法改正」を通じて考える日本の難民問題
  • わたしたち難民の声を聞いて  在日難民2名
  • パネルトーク:安藤由香里(難民法研究者)世界の難民情勢と日本の現状について
  • パネルトーク: 尾家康介(弁護士・東京弁護士会)入管法と野党の難民法について
  • 講師&パネリスト対談 安田菜津記・ 安藤由香里・尾家康介
  • ビルマクーデター後の情勢と日本での支援について:ビルマ救援センター
 
「世界難民の日 IN KANSAI 2021」(約2時間)は、すべて録画され、7月19日までYouTubeで配信中です。以下のURLから視聴ください。