ヒューライツ大阪は
国際人権情報の交流ハブをめざします

MENU

ヒューライツ大阪は
国際人権情報の
交流ハブをめざします

『国際人権ひろば』No. 150(2020年3月号)を発行しました―特集:日本と台湾の子どもの権利

 ヒューライツ大阪のニュースレター『国際人権ひろば』No. 15020203月号)をこのほど発行しました。

 2019年は、子どもの権利条約採択30周年であり、日本の批准25周年でした。大阪市立大学人権問題研究センターが同年10月に、台湾の東呉大学人権問題研究センターより子どもの権利条約の専門家を大阪に招く機会にあわせて、ヒューライツ大阪と共催で台湾と日本における子どもの権利条約の実施に関するセミナー開催を企画していました。しかし、当日は台風のため中止となりました。本号は、そのとき報告いただく予定だった同大学の林沛君さんと、関西学院大学の桜井智恵子さんに寄稿いただき、「日本と台湾の子どもの権利」を特集しています。

 もくじはこちらをご覧ください。前号までのバックナンバーは、ウェブサイトで読むことができます。

 『国際人権ひろば』(A416ページ)は奇数月に発行し、会員に配布しています。定期購読も受付けています。ご希望の方はEメール(webmail [a] hurights.or.jp)、またはFAX 06-6543-7004)にて、ヒューライツ大阪にお申し込みください。

 これまで、年間購読(年6回)は2,500円(送料・税込み)、1冊の場合350円(送料別)としていましたが、郵送料と消費税の上昇に伴う経費上昇のため、2020年度(3月号・No. 151)から年間購読料を2,700円(送料・税込み)とさせていただきます。1冊ごとの販売価格は据え置きます。ご了承のほどお願いいたします。