1. TOP
  2. 学ぶ・伝える
  3. 知りたい!人権Q&A
  4. 用語の説明「サステナビリティ(持続可能性)」

用語の説明

サステナビリティ(持続可能性)

 地球上での人間の活動を現在のままのやり方で持続させることができるかどうかを表す言葉で、1987年に国連の「環境と開発に関する委員会」(ブルントラント委員会)の最終報告書「我ら共通の未来」(Our Common Future)で使われ始めたとされています。地球環境だけでなく、社会経済システムの持続可能性も当初から含まれ、もちろん人権の問題も含まれます。企業の社会的責任をめぐる議論では極めて重要なキー概念となっています。

(「人を大切に―人権から考えるCSRガイドブック」から)

ページのトップへ