1. TOP
  2. 学ぶ・伝える
  3. 知りたい!人権Q&A
  4. 用語の説明「ディーセントワーク(decent work)」

用語の説明

ディーセントワーク(decent work)

 1999年にILO(国際労働機関)が提唱した考え方で、公正なグローバル化、貧困の克服、人間の尊厳、雇用における差別の撤廃といった労働における基本的な価値の実現を目指しています。decentは「適正な、まともな」といった意味で、decent workは日本では「働きがいのある人間らしい仕事」と訳されています。働く機会と十分な収入の確保、労働における権利の確保、ワークライフバランス、労働安全衛生の確保、男女平等などの公正な労働の確保、といった要素を含みます。

(「人を大切に―人権から考えるCSRガイドブック」から)

ページのトップへ