1. TOP
  2. 企業と人権
  3. 「人を大切に eラーニング エッセンシャル版」

「人を大切に eラーニング エッセンシャル版」

 

 企業に人権尊重責任を求める「ビジネスと人権」の課題がますます重要になってきています。企業として人権課題に取り組むには、社員の理解と協力、つまり社内浸透とそのための人権研修が必要になります。人権研修の方法はさまざまですが、事業所が各所にちらばっている、時間と場所が限られている等の限定された条件の中で、eラーニングによる研修は一定の効果を見込むことができます。また、他の方法と組み合わせることで、さらに効果あるものとなります。
 好評を得てきた冊子「人を大切に―人権から考えるCSRガイドブック」をベースとするこの人権eラーニング教材(日本語版/英語版)は、世界的に大きな流れとなっている「ビジネスと人権」の基本を分かりやすく学ぶツールです。

eラーニングのメイン画像

 社内のeラーニングシステムであるLMS(ラーニング・マネジメント・システム)に組み込んで使う「SCORM版」と、イントラネット等を通じて一般的なブラウザ上で学ぶことのできる「HTML版」を用意しています。このeラーニング教材はHTML5に対応しており、Flash Playerは必要ありません(一部のブラウザを除く)。

eラーニング教材のポイント

  • ロングセラー「人を大切にー人権から考えるCSRガイドブック」をベースにしています。
  • 社内のLMSに組み込んで活用できます(SCORM版)。
  • LMSのない環境でも、社内イントラネット等で活用できます(HTML版)。
  • 基本であるIntroductionとSection1は英語版も選択できます。
  • 印刷して使用可能な画面データも添付しています。
  • 音声読み上げソフトに対応したテキストファイルも添付しています。視覚障害のある方も音声だけで履修可能です。
  • 直感的な操作感で無理なく進めることができます。
  • クイズを通して考えながら学び、人権デュー・ディリジェンスの基本もわかります。

内容構成

Introduction: 仕事から出発する~「ビジネスと人権」の考え方~
  事業活動(仕事)を大きな流れとつながりの中で考えることの重要性を学びます。
Section1:「人権」~企業の社会的責任と人権~
  「人権」の基本と「ビジネスと人権に関する指導原則」を学びます。
Section2:「職場」~働く人の人権~

  職場の性差別、性的マイノリティの問題を通じて働く人の人権を学びます。
Section3:「消費者」~消費者と人権~

  「安全・安心」の大切さを通じて消費者の人権を学びます。
Section4:「サプライチェーン」~グローバル化のなかの企業と人権

  植物油脂(パーム油)の問題を通じてサプライチェーン上の人権課題を学びます。

※各Sectionの流れ(1つのSectionは概ね15分~20分程度で修了可能)

各セクションの流れ

内容をみる

eラーニング特設サイトで内容をご覧になれます。日本語版Section4の製品版の試行もできます。

eラーニング特設サイトへのリンク

製品版の内容を見る

購入検討段階では、ご要望に応じて、製品版の内容全体を社内で閲覧・操作していただくことも可能です。

製品構成と価格

製品構成と価格

  • 同一組織内(=同一の人権研修を行っている範囲)では、使用人数に関わらず上記の一定の価格となっています。
  • オプションの冊子版PDFは別途単体販売もしていますが、上記はeラーニング教材に添付する特別価格となっています。60名弱分の価格で使用人数に関わらず活用できます。
  • 製品構成の詳細については、特設サイトの[製品]ページもご覧ください。

動作環境等

  • SCORM版、HTML版とも、動作環境は次のとおりです。
    • IInternet Explore11以降またはEdge最新版/Safari9以降/Chrome最新版/FireFox最新版 
    • eラーニングコンテンツはHTML5をベースに制作しています。Internet Explorer10以前の環境では、FlashPlayerをインストールすることにより再生できますが、一部の動作が異なる場合があります。なお、FlashPlayerは最新版をインストールしてください。
  • SCORM版は、SCORM1.2対応のLMSに組み込んで使用してください(SCORMはeラーニングのための国際標準規格です)。
  • 自社LMSへの組み込みを試行されたい場合は、下記お問合せ先までご連絡ください。
  • HTML版は、イントラネット等に組み込んで使用してください(LMSの機能は使用できません)。
  • いずれもCD-Rメディアでのご提供となります。いずれのデータも同一組織内でのみ内容をコピーして使用できます。

パッケージのイラスト

注文方法

  • ヒューライツ大阪へのメール(webmail [a] hurights.or.jp)でご注文ください。
  • 導入に向けた社内での検討のための試用も可能です。詳しくはお問い合せください。
  • 詳しくは次のPDF、または特設サイトの[製品]ページをご覧ください。

クリックしてチラシをダウンロード
(クリックしてPDFをダウンロード)

人を大切に―人権から考えるCSRガイドブック

「人を大切に―人権から考えるCSRガイドブック」(第三版)についてはこちらをご覧ください。

FAQ

  1. 内容のカスタマイズ(部分変更)は可能でしょうか
    →冊子「人を大切に」のエッセンシャル版でもあり、基本的にはカスタマイズを前提としていません。LMSを運用されている場合は、自社の基本方針等の独自のセクションを追加していただくか、あるいは、自社ウェブサイト閲覧やペーパー資料配布などで補足していただくなどの検討をまずお願いいたします。

  2. SCORM版のLMSへの組み込みはスムーズにいくのでしょうか
    →組み込みはユーザーご自身でお願いいたします。SCORM1.2に対応していますので、自社の担当の方にご相談ください。SCORM版の組み込みを試行されたい場合は、SCORM対応版の組み込み試行データを提供しますのでご連絡ください。

  3. 「いずれのデータも同一組織内でのみ内容をコピーして使用できます」との説明がありますが、「同一組織内」とはどの範囲を言うのでしょうか
    →「同一組織内」とは、具体的には、法人形態等に関わらず「同一の人権研修を行っている範囲」とお考えください。印刷用画面データやオプションの冊子版全編PDFを使用する場合、またイントラネット環境のない職場等でHTML版を使用する場合などは、データのコピーが必要になる場合があります。

  4. 小規模の会社ですが、使える内容でしょうか
    →「企業と人権」の課題は企業規模の大小に関わりません。基本的な考え方をはじめ、職場や消費者の問題も取り上げていますので、十分に使っていただけると考えています。

お問合せ先

  • 一般財団法人アジア・太平洋人権情報センター(ヒューライツ大阪)
     電話:06-6543-7003 Email:webmail [a] hurights.or.jp ([a]をアットマークに変えてください)
  • 公益社団法人アムネスティ・インターナショナル日本
     電話:03-3518-6777 Email:info
    [a] amnesty.or.jp  ([a]をアットマークに変えてください) 
  • 特設サイトの[お問合せフォーム]もご利用ください。

ページのトップへ


?