1. TOP
  2. 資料館
  3. 国際人権ひろば
  4. 国際人権ひろば No.82(2008年11月発行号)
  5. エンパワメントする女性たち ~NGO「群山女性の電話(女性ホットライン)」を訪ねて

 
Powered by Google


国際人権ひろば Archives


国際人権ひろば No.82(2008年11月発行号)

特集・移住女性の人権と多文化共生を考えた韓国スタディツアー Part 3

エンパワメントする女性たち ~NGO「群山女性の電話(女性ホットライン)」を訪ねて

山崎 典子(やまざき のりこ) 
アジア女性センター理事

2件の火事-性売買防止法制定のきっかけ


 群山市は人口約26万人の韓国南西部の港町である。日本の植民地時代はこの港から日本の各地(主に大阪)に向けて良質な米や木材が集積されて輸送されていた。古い日本家屋も残っており、桜並木や韓国で唯一となった日本式建築寺院の東国寺も残っているのどかなこの町で、2000年9月19日朝5時30分頃、漏電とみられる火事があり、5名の20代女性が有毒ガスにより窒息死するという痛ましい事件が発生した。その建物は現在、他の店が何事もなかったように営業している。
 私たちは「韓国女性の電話(女性ホットライン)連合」の一支部である「群山女性の電話」を訪問し、事務局長のミン・ウニョンさんと移住女性支援事業部長のユン・ナニョンさんの案内で、まず現場に向かった。ここは、2004年3月に制定された「性売買防止法」編注制定運動のきっかけになった事件の現場なのである。
 私は2001年4月に日本でDV法が成立した際に、「プサン女性の電話」を訪問していた。その際「韓国では性売買をさせられていた女性たちが火事で亡くなったので、性売買を禁止するために毎週その地へ行ってロビーイングをしたり、政府に法律を作るようにアピールしている」という話があったことを思い出した。ここだったのか!「日本は売春防止法があっていいですね、韓国ではDV法は制定しましたがまだ売春が堂々と行われているのですよ」という言葉に、私たちは日本も同様ですよと返すしかなかった。そしてここ群山で再び2002年1月、女性14名とその女性たちを監視していた男性1名が漏電とみられる火事で死亡した。2件の火事に共通するのは、1階に出入り口があるのにそこから逃げることができなった、つまり内から自由に扉を開けることができず外から鍵がかかっていたこと。建物の外から見ると窓はあるが実は中から合板で塞がれていて逃げられず、折り重なるように亡くなっていたこと。そして2件とも現場近くに交番があったこと。


「群山女性の電話」の活動


 1996年5月に、群山近辺に住む主婦8人で活動を始め、98年に「韓国女性の電話連合」の支部として承認された。付設としてDV相談所があり、全般的な女性の問題に対する相談、教育プログラム、移住女性への支援などを行っている。韓国は男性中心の社会で、1980年代より女性に対する暴力が社会問題となり、その解決方法として電話で相談を受けるということが「韓国女性の電話」のスタートだった。特にDVについては個人の問題から社会の問題へとなり95年に性暴力犯罪防止法、98年DV防止法が制定され、女性の人権擁護や性平等など社会づくりへと活動を広げている。
 ところで韓国の人に「群山」といえば「性売買の町」と連想されるほど有名になってしまった。2000年の火災後、遺品の日記に売春を強要されていたことや警察と雇い主が癒着をしていたことなどが記されていたことがわかり、彼女たちが中心となって運動をし、警察が処分された。それが原因で地域経済が悪化したと業者や男性から「非難」の声が出た。また群山市などからもいやがらせを受け、群山女性の電話の付設施設であるDV相談所は、運営資金として、政府から50%、群山市から25%全羅北道から25%の補助を受けていたが、行政との関係が悪化し、今は全然支援がないという。しかし02年の火事後、人権問題として運動が大きくなり、女性たちの運動の成果によって法律が制定されたと評価されていて、プライドを持って活動を行っているとミンさんは力強く語った。実際、火災現場で私たちが説明を受ける間、ちょっと怖そうなおじさんが周りをうろうろしたり何を話しているのか聞いていたが、彼女たちは臆することなく堂々と事件の真相を語ってくれた。このパワーが法制定へとつながっていったのだと確信できた。
 法制定後、性売買がなくなったわけではなく、業者は他の都市へ移動した。また群山から車で40分のところに米軍基地があり、その周辺に「アメリカタウン」が生じている。以前は、韓国内の女性たちが性売買をさせられていたが、性売買防止法制定以降は、外国人女性が増えて、ロシアやウズベキスタン、東南アジアの女性たちが性売買の被害者となっている。
 群山支部の重要な活動として、韓国外から移住してきた女性への支援がある。このアメリカタウンの存在や国際結婚により移住女性が韓国全体で増加している。移住女性の多くは文化や価値観、言語の違いから夫婦間で葛藤があり、心理的にも肉体的にも傷ついた状態で相談にたどり着くことが多い。そこで彼女たちが尊厳を保ち自信を持つために言語を習得し意思疎通を図ることが大切だということで言語支援「韓国語教室」を2005年5月より開始した。韓国では近年、多文化政策に力を入れており(2008年には多文化家族支援法制定)、移住女性を社会での構成員として受け入れるように求めている。群山には約800人の移住女性が住んでおり、事務所には100人の移住女性が登録し、50人の女性が常時教室に通ってきている。国籍は中国籍(以前は朝鮮族が多かったが現在は漢族が増えている)が49%、ベトナムが21%、日本7.5%、カンボジア6.2%、フィリピン、モンゴル、タイ、アメリカと続く。学習内容は、韓国語はもちろん生活文化、ダンス、スポーツ、料理教室、家族キャンプなど多彩であり、特に家族の理解が必要ということで夫婦の相談を受けたり集団で語り合ったりするプログラムもある。夫が出入りすることで危険性はないのか尋ねると、DV防止法で加害者プログラムがあるのでむしろ夫に教育することができてうれしいという答が返ってきた。日本のDV相談窓口とは対照的な対応に加害者に罰則が科せられている違いかなと感じた。
 2007年度から韓国女性の電話の各支部から、滞在後3年以上になり、一度も故郷へ帰っていない女性たちを選抜して家族と一緒に母国への里帰りツアーを行っている。2008年は33家族が選ばれ、フィリピン、ベトナム、モンゴルに行ったが、ミンさんたちは、ベトナムに同行してきたという。スタッフが同行することで彼女たちの生活環境や状況を理解し今後の支援活動に活かせるので有意義な取り組みだと感じた。
 また、この韓国語教室の修了生が自助グループを作り、移住女性の通訳や相談などを行いエンパワメントしている。シングルマザーのグループもあり、女性の電話は、母子支援や就業政策の変更内容などを知らせたり彼女たちが主となって活動できるようにサポートしている。

そこにあなたがいるから


 群山の性売買の女性たちは10代も少なくなく、さまざまな事情でここにいる。そして彼女たちの間で「群山は最後に来るところ」、つまりここから島に転売され、出てくることができないと言われているらしい。そしてこの町に売春街をつくったのは植民地時代の日本人であるという事実に気が遠くなる思いであった。
 最後にミンさんが、「自分自身が女性として生まれ育って女性に対する熱意と愛情があるから、そして苦しい時もあったけど仲間がいるから頑張れた。そしていつか女性の電話がなくなる日がくることが今の課題だ」と強調されたときに私が所属するアジア女性センターに駆け込んできた女性や子ども、そしてバーンアウトして去ったスタッフの顔が浮かんできて涙が出てきてしまった...。そう、自分のためでなく誰のためでもない「そこにあなたがいるから」。
 群山のネオン街を高級車が走り、慣れた様子で入店していく男性客の姿を横目に私はユンさんの言葉を思い出す。「今はボーダーレス(グローバル)時代、性売買も行われ移住女性も増加してくる。そこで生じる問題に国内で運動しても世界中で取り組まないといけない。ともに仕事をする仲間に訪問してもらうだけで大きな力が出た。これからも連携して活動しましょう」。スタディツアー参加者全員が、みんなで誓いあいひとつになれた旅でした。

編注「性売買斡旋等行為の処罰に関する法律」と「性売買防止および被害者保護に関する法律」の2法のこと。2002年の刑事政策研究院の調査によると、韓国の年間の性売買は1億7千万件行われていて、これによって24兆712億円(約2兆4,700万円)の利益が生まれ、国民総生産の4.4%を占めていたという。

To the page top