MENU

ヒューライツ大阪は
国際人権情報の
交流ハブをめざします

  1. TOP
  2. 資料館
  3. ニュース・イン・ブリーフ
  4. 国連―各国の普遍的・定期的審査(UPR)始まる

ニュース・イン・ブリーフ サイト内検索

 

Powered by Google


ニュース・イン・ブリーフ Archives


国連―各国の普遍的・定期的審査(UPR)始まる

 4月7日から18日、人権理事会の各国の人権状況に関する普遍的・定期的審査(UPR)が行われます。旧人権 委員会での国別手続などが、特定の国しか対象にしていないなどの批判を受けていましたが、この制度は、06年に設立された人権理事会の下で導入された国連 全加盟国の人権状況を定期的に、相互に審査する制度です。1年に48カ国の審査を3回に分けて行うよう、1回に16カ国が審査されます。
 審査は、対象国が作成した報告、条約機関や特別報告者などの特別手続、他の国連機関などからの情報に基づいて、国連人権高等弁務官事務所が作成した報 告、NGOなどからの情報に基づいて、同じく国連人権高等弁務官事務所が作成した報告の3つをもとに、対象国1国を人権理事会のメンバー3カ国が報告者と なり、人権理事会の下の作業部会で審査が行われます。3カ国の報告者が、対象国や事務局などと協力して、勧告などを含む審査の報告を作成します。
 作業部会や、作業部会の報告を審議する人権理事会の手続などはまだ検討中で、審議を公開することについても意見が分かれていましたが、最初となったバー レーンの審議から映像が国連のサイトで公開されています。
 日本は5月5-16日の2回目に審査が行われることになっており、報告者を担当する3カ国は、フランス、インド ネシアとジブチです。(2008年4月11日)

出所:
・「Human Rights Council to Examine the Human Rights of First Group of States under Universal Periodic Review Mechanism」
国連(ジュネーブ)プレスリリース(2008年4月3日)(英語)
http://www.unog.ch/80256EDD006B9C2E/(httpNewsByYear_en)/01203901DEFC89F2C125742000522405?OpenDocument
・第1回UPR(国連ビデオ・アーカイブ)
http://www.un.org/webcast/unhrc/archive.asp?go=021
・UPR国別報告(国連人権高等弁務官事務所)(英語)
・日本に関する報告(同)(英語)
http://www.ohchr.org/EN/HRBodies/UPR%5CPAGES%5CJPSession2.aspx

参考:
人権理事会・各国の人権状況の審査(UPR)・日本の審査について」
ヒューライツ大阪・ニュースインブリーフ
https://www.hurights.or.jp/archives/newsinbrief-ja/section3/2008/01/upr.html
人権理事会第5会期、各国の人権状況の審査、特別手続について合意」
ヒューライツ大阪・ニュースインブリーフ(2007年6月)
https://www.hurights.or.jp/archives/newsinbrief-ja/section2/2007/06/5.html