ヒューライツ大阪は
国際人権情報の交流ハブをめざします

MENU

ヒューライツ大阪は
国際人権情報の
交流ハブをめざします

  1. TOP
  2. 資料館
  3. ニュース・イン・ブリーフ
  4. 法務省が出入国管理及び難民認定法施行規則の一部改正に関する意見募集

 
Powered by Google


ニュース・イン・ブリーフ Archives


法務省が出入国管理及び難民認定法施行規則の一部改正に関する意見募集

  04年5月に衆議院で可決、成立した出入国管理及び難民認定法の一部を改正する法律(平成16年6月2日法律第73号)では、「不法滞在者」(超過滞在者 など)を大幅に減少させるための対策の一環として、自ら出頭した不法滞在者で一定の要件に該当するものについては簡易な手続で迅速に出国させるための出国 命令制度を新設するほか、偽りその他不正な手段等により上陸の許可等を受けた者や一定期間現に有する在留資格に係る活動を行っていない者の在留資格の取消 制度を設けており、これらの制度に係る改正規定は04年12月2日から施行されることとなっています。
  法務省では、これらの制度を施行するために必要な手続的な細目事項について、法務省令(出入国管理及び難民認定法施行規則)で定めることを検討していますが、法務省令案について以下のとおり意見募集を行っています

<意見募集要項>

  1. 意見募集期間
    2004年9月1日(水)~10月1日(金)
  2. 意見送付要項
    住所(市区町村までで可)、名前及び職業を記入の上、電子メール、郵送又はFAXにより募集期間の最終日必着で送付。意見は800字以内。
  3. 送付先:法務省入国管理局参事官室
  4. 郵便 : 〒100-8977 東京都千代田区霞が関1-1-1
    FAX : 03-3592-7835
    電子メール : nyukan16@moj.go.jp
  5. 問合わせ先
    法務省入国管理局参事官室
    TEL : 03-3580-4111(内線2753)

関連記事:改定出入国管理・難民認定法が成立