MENU

ヒューライツ大阪は
国際人権情報の
交流ハブをめざします

  1. TOP
  2. 資料館
  3. ニュース・イン・ブリーフ
  4. 国連人種差別撤廃委員会による日本政府の人種差別撤廃条約の実施状況に関する審査が始まる(8月16日)

ニュース・イン・ブリーフ サイト内検索

 

Powered by Google


ニュース・イン・ブリーフ Archives


国連人種差別撤廃委員会による日本政府の人種差別撤廃条約の実施状況に関する審査が始まる(8月16日)

 国連人種差別撤廃委員会による日本政府の人種差別撤廃条約の実施状況に関する審査が日本時間の8月16日22時~翌1時(ジュネーブ現地時間15時~18時)、および日本時間の8月17日17時~20時(同10時~13時)にUN WEB TVを通じてインターネット中継されます。
http://webtv.un.org/ のトップからCERDのライブ中継のアイコンをクリックするとみることができます。)
 人種差別撤廃委員会の審査は、事前に提出されている政府報告書をもとに、18人の委員と政府代表団とのあいだで質疑応答を通じて進められます。前回の審査は2014年8月に実施され、ヘイトスピーチ、差別禁止法の不在、公務員への国籍条項、外国人の無年金問題、技能実習制度、移住女性をはじめとするマイノリティ女性に対する暴力など日本国内における様々な人種差別の問題が指摘されました。
 今回の審査においても、ヘイトスピーチ問題をはじめとし、8月末をめどに日本における人種差別に関する勧告が出されることが見込まれています。
 ヒューライツ大阪からは、藤本伸樹が委員へのロビイングや委員会の傍聴に参加しています。