MENU

ヒューライツ大阪は
国際人権情報の
交流ハブをめざします

  1. TOP
  2. 資料館
  3. ニュース・イン・ブリーフ
  4. 日本人の被害者25人で最多-2016年の人身取引(警察庁)

ニュース・イン・ブリーフ サイト内検索

 

Powered by Google


ニュース・イン・ブリーフ Archives


日本人の被害者25人で最多-2016年の人身取引(警察庁)

 警察庁は20172月中旬、2016年の人身取引ケースの検挙および被害者の概要をまとめた「平成28年度における人身取引事犯の検挙状況等ついて」をウェブサイトに公表しました。

2016年の人身取引事犯の加害者の検挙件数44件・検挙人数46人、被害者は46人で、前年とほぼ同数でした。

被害者として保護された人の国籍は、日本25人、タイ8人、カンボジア7人、フィリピン5人、ベトナム1人で、日本人の被害者数としては過去最多となりました。

性別は、女性44人、男性2人でした。被害者として男性が認知されたのは2014年以来です。年齢層は、20歳未満が16人、20代が22人。被害の形態は、性的搾取が37人、ホステス6人、労務作業2人、建設作業1人でした。

日本人の被害は出会い系サイトを利用した強制売春のケースが多かったといいます。平成28年における人身取引事犯の検挙状況等(警察庁).pdf