MENU

ヒューライツ大阪は
国際人権情報の
交流ハブをめざします

  1. TOP
  2. 資料館
  3. ニュース・イン・ブリーフ
  4. 市民団体の全国フォーラムで「ヘイトスピーチの廃絶を求めるアピール」採択(6月16日)

ニュース・イン・ブリーフ サイト内検索

 

Powered by Google


ニュース・イン・ブリーフ Archives


市民団体の全国フォーラムで「ヘイトスピーチの廃絶を求めるアピール」採択(6月16日)

多民族・多文化共生社会を実現するための活動の経験交流や、外国からの移住者・移住労働者の権利を守るための議論などを目的に、6月15日と16日に甲南大学を会場に「移住労働者と連帯する全国フォーラム・神戸」が開かれ、支援に取り組む団体や個人が全国から集まりました。このフォーラムは2年ごとに開催地を替えながら開かれており、今回が9回目でした。
「東日本大震災と外国人支援」「改定入管法の現状と課題」「韓国の移住者政策とNGOの取り組み」の3つのテーマでシンポジウムが行われたあと、14の分科会に分かれてテーマ別の議論が行われました。
フォーラムの最後に、多民族・多文化共生社会の実現に向けた法制度の整備などを求めた「神戸アピール」とともに、「非正規滞在者の子どもの就学機会の確保を求める特別決議」と「ヘイトスピーチの廃絶を求めるアピール」が参加者によって採択されました。
以下は、「ヘイトスピーチの廃絶を求めるアピール」の全文、およびヒューライツ大阪による英訳です。
 
ヘイトスピーチの廃絶を求めるアピール
私たちは多民族・多文化の人びとが互いの違いを大切にし合い、多様性による豊かさが育まれる社会をめざして、「第9回移住労働者と連帯する全国フォーラム・神戸」に集いました。しかし現在日本の各地では、そうした理念に真っ向から反した、特定の民族・国籍の人びとに対する憎悪をあおり立てる、聞くに堪えない過激な言動が街頭で公然と行われ、激しさを増しており、深い憂慮と憤りを感じます。

日本では1980年代以降の移住者人口の増大と、1990年代に始まった「外国人犯罪」キャンペーンの影響などから、外国籍者や外国にルー ツをもつ人々に対するゼノフォビア(外国人嫌悪)が広がり始めました。また反中国を公言する石原前東京都知事のいわゆる「三国人発言」が、国内外から違法性を指摘されていたにも関わらず、結果的に放置されたため、公然とヘイトスピーチ(憎悪・差別表現)を行う人々が一般 社会でも増え始めました。2000年代以降の近隣諸国との歴史認識問題をめぐる軋轢の中で、歴史修正主義と嫌韓反中意識が広がり、外国人排斥を主目的とする極右団体も誕生しました。そして2010年代にはついに、在日コリアンが多く住み、店舗を出す地域で「大虐殺を実行する」 「朝鮮人を駆除せよ」「よい韓国人も悪い韓国人もどちらも殺せ」といった敵意や憎悪に満ちた街宣活動が、白昼堂々繰り返されるようになりました。

私たちは日本を、人びとの心を深く傷つけ、生存の脅威を感じさせる暴言やジェノサイド(集団虐殺)、エスノサイド(民族抹殺)の公言を放置 するような社会にしたくはありません。特定の民族集団を「殺せ、殺せ」と叫ぶ街宣活動が拡大していく社会は、国際社会からも孤立し、危険視されていきます。

私たちは、敵意や憎悪が広がる事態を速やかになくすべく、思いを同じくする人たちと幅広く連携・協力し、以下の課題に取り組んでいくことを 表明します。

(1) 特定の民族、国籍、社会的身分に属する人びとに対する敵意を煽り、殺害や排除を予告・助長するような暴言・脅迫・威嚇を行うヘイトスピーチは、許されない人権侵害であるという決議を、国会で採択させること。

(2)日本が批准している人種差別撤廃条約の留保(編集注)を撤回し、国会においてヘイトスピーチの廃絶と被害者救済を含む人種差別撤廃の法制度を早急につくらせ、実施させること。

(3)人種的優越や憎悪に基づく思想の流布、人種差別の扇動を行うような政治家を議会に送り込まないこと。

2013年6月16日
第9回移住労働者と連帯する全国フォーラム・神戸2013参加者一同
 
(編集注)日本は以下の条項を留保している:人種差別撤廃条約第4条(a)人種的優越又は憎悪に基づく思想のあらゆる流布、人種差別の扇動、いかなる人種若しくは皮膚の色若しくは種族的出身を異にする人の集団に対するものであるかを問わずすべての暴力行為又はその行為の扇動及び人種主義に基づく活動に対する資金援助を含むいかなる援助の提供も、法律で処罰すべき犯罪であることを宣言すること。
(b)人種差別を助長し及び扇動する団体及び組織的宣伝活動その他のすべての宣伝活動を違法であるとして禁止するものとし、このような団体又は活動への参加が法律で処罰すべき犯罪であることを認めること。
 
Calling for the Elimination of Hate Speech
We gathered here at the 9th National Forum in Solidarity with Migrants in KOBE, 2013, with the aim to achieve a society, in which people with diverse ethnic and cultural backgrounds respect each other’s differences, and in which cultural richness can develop through diversity. However, we see in many parts of Japan today an escalation of unbearably extreme speech and actions on the streets in full public view, which incite hatred against people of particular ethnicity or nationality, and which are in direct conflict with our ideals. We are deeply concerned and angered by the situation.
 
The increase in the migrant population since the 1980s and the effects of the campaign against “crimes committed by foreigners” which began in the 1990s led to the spread of xenophobia against foreign nationals and people with foreign origins. Further, no steps were taken against the so-called “Sangoku-jin” remark (xenophobic hate speech against migrants/immigrants) by Mr. Ishihara, the former Governor of Tokyo, who has publicly professed his anti-Chinese sentiments, although the remark had been criticized for being unlawful both from within and outside the country. Consequently, we have seen an increase in people publicly engaging in hate speech in the society in general.
 
Historical revisionism and anti-Korean as well as anti-Chinese sentiments spread as the disputes with the neighboring countries involving understandings of history continued since the 2000s. Extreme right-wing organizations with the main purpose of exclusion of foreign nationals were created. And ultimately, in 2010, street demonstrations filled with hostility and hatred, with words such as “we will conduct a massacre,” “exterminate Koreans,“ and “kill both good and bad Koreans,” were held repeatedly in broad daylight in areas in which many Koreans live or have business operations.
 
We do not want Japan to become a society that does nothing against violent speech, which cause people serious pain and fear for their lives, or against public incitement for genocide or ethnocide. A society in which street demonstrations with shouts to “kill, kill” particular ethnic groups, increase and escalate, will be isolated and regarded as a danger in the international society.
 
We declare that we will join hands and cooperate with a broad spectrum of like-minded people to engage in the following issues, to stem without delay the spread of hostility and hatred. 
 
(1) Call for an adoption of a resolution in the Diet, stating that hate speech, which incites hostility against people of particular ethnicity, nationality or social class, or violent or threatening / intimidating speech which warns or promotes murder or exclusion, is an impermissible violation of human rights.
 
(2) Call for the withdrawal of the reservation attached to the provisions in the International Convention on the Elimination of All Forms of Racial Discrimination  (editing note) and for the swift legislation in the Diet and the implementation of a legal system of elimination of racial discrimination including the elimination of hate speech and remedies for victims.
 
(3) Stop politicians, who engage in spreading ideas of racial superiority or hatred, or who incite racial discrimination, from being elected to the Diet or local assemblies.
 
16 June, 2013
Adopted by the Participants of the 9th National Forum in Solidarity with
Migrants in KOBE
 
Editor’s note :Japan has attached a reservation on the following article.
Article 4
(a) ( States Parties) Shall declare an offence punishable by law all dissemination of ideas based on racial superiority or hatred, incitement to racial discrimination, as well as all acts of violence or incitement to such acts against any race or group of persons of another colour or ethnic origin, and also the provision of any assistance to racist activities, including the financing thereof;
 
(b) Shall declare illegal and prohibit organizations, and also organized and all other propaganda activities, which promote and incite racial discrimination, and shall recognize participation in such organizations or activities as an offence punishable by law,
(translated by HURIGHTS OSAKA)