1. TOP
  2. 資料館
  3. ニュース・イン・ブリーフ
  4. 国連人権理事会のメンバー選出

 
Powered by Google


ニュース・イン・ブリーフ Archives


国連人権理事会のメンバー選出

  2006年5月9日、国連総会は新しく設立された人権理事会のメンバー国47カ国を選出しました
  理事会のメンバーは47カ国で、アフリカ地域から13カ国、アジア地域から13カ国、東欧から6カ国、カリブ諸国を含む中南米から8カ国、西欧その他諸国 から7カ国と地域配分が決められています。投票は総会において秘密投票で行われ、過半数(96票)で当選となります。また、メンバー国が重大な人権侵害を 行った場合、総会は3分の2以上の賛成でその国のメンバーとしての資格停止を決めることができます。選出に当たり立候補した国は、それぞれ自国の今までの 人権に対する取り組みや今後の国内外の人権の伸長・保護への「公約」を公表しています。
  アジアからは、バーレーン、バングラデシュ、中国、インド、インドネシア、日本、ヨルダン、マレーシア、パキスタン、フィリピン、韓国、サウジアラビア、スリランカの13カ国が理事国に選出されました。理事国のメンバーは3年の任期を連続2期まで務めることができますが、今回に限り、選出された国は、くじで任期1年、2年、3年の国を決めています。日本は2年の任期となりました。
  人権理事会は、アナン国連事務総長の国連改革案で提案され、05年9月の総会の首脳会合の成果文書にその設立が盛り込まれ、その後、06年3月に、同理事 会を総会の下部機関として設立することが決議されました。新しい理事会は人権の侵害を取りあげ、それについて勧告を行い、国連システム内の人権の調整およ びメインストリーム化を促進する任務を負うほか、人権問題に関する対話の場を提供し、人権に関する国際法の発展について総会に勧告するなどこれまで人権委 員会の行っていた役割を担うことになりますが、その他、各国の人権の状況を平等に定期的に検討することが規定されています。この決議を受け、人権委員会は 6月に廃止されることになりました。
  人権理事会の第1会期は6月19日に開催されます。

出所:
06年5月9日付国連プレスリリースGA/10459 (英語)
国連総会第60会期人権理事会選挙に関するウェブサイト (英語)

参考:
人権委員会の最終会期終了 ヒューライツ大阪・ニュースインブリーフ (06年3月)
国連総会が人権理事会の設立を決議 ヒューライツ大阪・ニュースインブリーフ (06年3月)
国連総会首脳会合(2005年世界サミット)が成果文書を採択 ヒューライツ大阪・ニュースインブリーフ (05年9月)
国連人権理事会理事国選挙について(外務大臣談話) 外務省


To the page top