1. TOP
  2. 資料館
  3. ニュース・イン・ブリーフ
  4. 国際世論に配慮し、カンボジア政府が人権活動家らを釈放

 
Powered by Google


ニュース・イン・ブリーフ Archives


国際世論に配慮し、カンボジア政府が人権活動家らを釈放

  各種報道によると、政府に批判的な人権活動家やジャーナリストを「名誉棄損」を理由に逮捕したカンボジア政府は17日、勾留していた4人を保釈しました。これは、カンボジア政府を批判する国際世論の高まりに配慮した結果で、国連のアナン事務総長は17日、カンボジア政府が人権活動家ら4人を釈放したことについて、歓迎の意を表明するとともに、フンセン首相に対し、表現の自由と、人権や法の支配の尊重を確保するよう要請しました
  一方、カンボジアのフン・セン首相は、国連や欧米からの「人権侵害」との批判を認めたわけではなく、同国を訪れていた米高官への「おみやげだ」と述べています。すなわち、同首相は、プノンペンを訪れたヒル米国務次官補と17日に会談した後、裁判所に保釈を要請しています。
  昨年10月から12月にかけて相次いで逮捕された人権活動家ら4人は、ベトナムとの国境合意に関する政府の姿勢などを厳しく批判しており、カンボジア政府 側は「首相への名誉棄損は明らかで、逮捕は人権侵害にあたらない」としており、4人は今後、裁判にかけられる可能性が残っています。

出所:
 カンボジア:人権活動家4人釈放、事務総長が歓迎 国連on line(毎日の動き1月17日)
 米へ「おみやげ」、活動家らを釈放 カンボジア政府 アサヒ・コム(1月18日)

参考:
 カンボジア政府の人権活動家逮捕に国際的批判が高まる ヒューライツ大阪 ニュースインブリーフ(06年1月)


To the page top