1. TOP
  2. 資料館
  3. ニュース・イン・ブリーフ
  4. ユニセフが12月14日『世界子供白書2006 存在しない子どもたち』を発表

 
Powered by Google


ニュース・イン・ブリーフ Archives


ユニセフが12月14日『世界子供白書2006 存在しない子どもたち』を発表

  ユニセフが12月14日(水)、『世界子供白書2006』英国ロンドンにおいて発表しました。今年のテーマは"Excluded and Invisible Children(仮訳:存在しない子どもたち)"です。
  日本ユニセフ協会によると、 「5年前、国際社会は、『国連ミレニアム開発目標』という形で、世界中の子どもたちを取り巻く様々な環境を改善し、子どもが生きるために必須な社会サービ ス-予防接種をはじめとする基礎的な保健・医療、安全な水、初等教育-を充実させてゆくことを約束しました。しかし、このままのペースでは、2015年ま でに約束の殆どが達成できません。例えば『5歳未満児の死亡率を3分の2減少させる』という目標は、2045年まで達成できないと白書は指摘します。
  白書は、こうした数値からも取り残される可能性がある、子どもたちがいると警鐘を鳴らしています。数百万・数千万の子どもたちの『存在』が認知されず、こ うした社会サービスの恩恵を享受できていないからです。ミレニアム開発目標は『平均値』をもとに設定されています。貧困、差別、紛争等により、多くの子ど もたちが、社会的保護・支援・サービスを享受すべき存在として『カウント』されていません。例えば出生登録。中国を除く途上国の5歳未満の子ども55%が 出生登録されず、結果、予防接種や初等教育の機会を奪われ、人身売買や児童買春をはじめとする様々な形態の搾取・虐待(の脅威)に晒されていていると白書 は訴えています」としています。
  なお、『世界子供白書2006』日本語版は、日本ユニセフ協会から06年2月末に発行予定です。

出所:
 日本ユニセフ協会からのおしらせ
 『世界子供白書2006』プレスリース (英語)
 「The 2006 State of the World's Children report」


To the page top