MENU

ヒューライツ大阪は
国際人権情報の
交流ハブをめざします

  1. TOP
  2. 資料館
  3. 国際人権ひろば
  4. 国際人権ひろば No.159(2021年09月発行号)
  5. 表紙の紹介

国際人権ひろばのサイト内検索

 
Powered by Google


国際人権ひろば Archives


国際人権ひろば No.159(2021年09月発行号)

表紙の紹介

表紙の紹介

 2001年ダーバン会議において、政府代表が話し合う会議は8月31日から9月8日にかけて行われましたが、その前段階として8月28日から9月1日にかけてNGOフォーラムが開かれました。NGOフォーラムは、世界各地で草の根レベルから国際的な領域で活動する団体など数多くのNGOが差別撤廃を世界に訴えたり、政府間会議への提言のための情報交換や議論を目的とするものでした。

cover_no159_1.jpg反人種主義世界会議(ダーバン会議)の政府間会議に
並行して開催されたNGOフォーラムの閉会式での超教派の祈り。
前列右端は、ノーベル平和賞を受賞した
南アフリカの人権活動家のデズモンド・ツツ元大主教。

 NGOフォーラムの閉会式では、世界的に有名なツツ元大主教(表紙写真)に加えて、キューバのフィデル・カストロ国家評議会議長(2011年逝去)もステージに立ちました。熱烈な拍手で迎えられたのですが、スペイン語による英語の逐次通訳をまじえたスピーチは2時間以上におよびました。

cover_no159_2.jpgダーバン会議の政府間会議の会場前で、カースト差別の
撤廃を求めるインドのダリットのNGOメンバー。
(いずれも2001年9月、南アフリカのダーバンにてヒューライツ大阪撮影)