1. TOP
  2. 資料館
  3. ニュース・イン・ブリーフ
  4. 障害者差別禁止条例が千葉県で成立-全国初

 
Powered by Google


ニュース・イン・ブリーフ Archives


障害者差別禁止条例が千葉県で成立-全国初

  障害のある人もない人も、誰もがお互いの立場を尊重しあい支え合いながら、安心して暮らすことのできる社会づくりをめざす「障害のある人もない人も共に暮らしやすい千葉県づくり条例」(障害者差別禁止条例)案[PDF59KB]が、06年10月11日、千葉県議会本会議において全会一致で可決されました。障害者の差別を禁じた包括的な条例の制定は全国で初めてで、施行は2007年7月からの予定です。
  この条例案は、2月議会に提案[PDF174KB]さ れましたが、自民党や企業団体などの反対で継続審議となり、県は条例案をいったん撤回して修正後、9月議会に再提案していました。堂本暁子知事は「条例の 成立はゴールでなくスタート。議論を止めるのではなく深め、納得してもらう方向でいかなくてはならない」と述べました。
  成立した条例は、前文および第1章(総則)、第2章(差別の事案の解決)、第3章(推進会議)、第4章(理解をひろげるための施策)、第5章(雑則)の構 成で、36条からなります。当初案は障害の種類を限定せず、幅広くとらえたものでしたが、教育や雇用の局面で障害がある人たちと直接かかわる経済団体など が難色を示し、県は修正を余儀なくされました。
  成立した条例は、障害の定義を国が法律などで定めた五に限定し、また差別事例の公表規定も削除され、障害児と家族に学校を選ぶ自由を保障した条文も内容が大幅に後退したものの、障害者に対する差別の定義を初めて明文化するなど、先進的なものとなっています。
  06年の国連総会で、障害者権利条約案が採択される見通しでもあり、この条約の国内実施にも大きな役割を果たすものと期待されています。

出典:
「障害者条例が成立 千葉 全国初 知事が差別解消勧告も」 2006年10月12日付 東京新聞
「初の障害者差別禁止条例、千葉県で成立」 2006年10月12日付 日本経済新聞

参照:
「障害者差別禁止条例案 可決でも『後退』の声」 2006年10月6日付 中日新聞
障害者差別解消の条例成立へ 千葉県 2006年10月6日付 朝日新聞
「障害のある人もない人も共に暮らしやすい千葉県づくり条例」(障害者差別禁止条例) [PDF 59KB]
「障害のある人もない人も共に暮らしやすい千葉県づくり条例案」[PDF 174KB] 2006年2月定例県議会提出


To the page top