1. TOP
  2. 資料館
  3. ニュース・イン・ブリーフ
  4. 国連安全保障理事会が子ども兵士の徴用をモニターするメカニズムについて決議

 
Powered by Google


ニュース・イン・ブリーフ Archives


国連安全保障理事会が子ども兵士の徴用をモニターするメカニズムについて決議

  国連安全保障理事会は7月26日、アナン国連事務総長に対して、子どもを兵士に徴用することや紛争における子どもに対するその他の侵害や虐待に関して情報を収集し、報告するメカニズムの設置を要請する決議を採択しました
  事務総長は05年2月に安保理に対して、武力紛争と子どもに関する報告を提出し、その中で、子ども兵士の徴用、殺害、子どもや病院への襲撃などの重大な侵 害をモニターし、報告するメカニズムについて提言を行っていました。事務総長報告は、安保理が対応しているアフガニスタン、イラク、パレスチナやスーダン などやそれ以外のコロンビア、ミャンマー、フィリピン、スリランカなどにおいて、子ども兵士の復員、リハビリテーションが行われている一方で、兵士への徴 用がまだ広範に行われる他、子どもの権利の重大な侵害が行われていることを指摘しています。安保理は今回の決議で、事務総長に安保理の議題にあがっている ブルンジ、コートジボワール、コンゴ民主共和国、ソマリア、スーダンについて、そのようなメカニズムを設置し、安保理にその報告を受ける作業部会を設置す ることを決議しました。作業部会は報告を受け、安保理に対してとり得る措置について勧告を行うなどします。また、安保理は、小型武器や他の軍備などの輸 出、軍事支援の禁止を含む措置を、武力紛争における子どもの権利に関する国際法に反する紛争当事者に対してとることを検討する意志を再確認しました。

出所:
 7月26日付国連プレス・リリース (英語)
 武力紛争と子どもに関する事務総長報告[PDF207KB] (英語)
 国連安全保障理事会 (英語)


To the page top