1. TOP
  2. 資料館
  3. ニュース・イン・ブリーフ
  4. グローバル・コンパクトに10番目の原則が追加 -透明性および腐敗との闘い-

 
Powered by Google


ニュース・イン・ブリーフ Archives


グローバル・コンパクトに10番目の原則が追加 -透明性および腐敗との闘い-

  国連広報センターによると、2004年6月24日に行われたグローバル・コンパクト・リーダーズ・サミットでは、世界中の企業幹部がグローバル・コンパク ト(GC)への誓約を再確認し、さらに腐敗や汚職と闘うことに合意しました。サミットでは「強要と賄賂を含むあらゆる形態の腐敗を防止するために取り組む (Businesses should work against all forms of corruption, including extortion and bribery)」という原則を10番目に加えることが決定されました。
  企業幹部、政府高官、および市民社会指導者400人以上が参加し、これまで国連で開催された中でも最大かつ最高水準の会合となった会議を総括して、コ フィー・アナン国連事務総長は、GCに対する「新たな力強い誓約」と、この意欲的取組みの意義、および「今後どうしたいのか」に関するよりよい理解をもっ て会議が終了したと述べました。アナン事務総長は閉会の挨拶で、「私たちはパートナーとして、相違と緊張状態を行動志向の建設的戦略へと変え、GCが抱え る課題に取り組みました。皆さまは、先行きに対する不安と恐怖が高まっている時代でも、企業、労働者、市民社会、政府が反目を乗り越え、共通の土台に立っ て物事を進められることを実証されたのです」と語りました。
  24日の早朝、不正との闘いを目指す国際的非政府組織(NGO)であるトランスペアレンシー・インターナショナルのピーター・アイゲン理事長は、つい最近 まで世界のビジネス社会が腐敗を必要悪と考えてきたことに言及しました。しかし、汚職の防止、犯罪化、汚職に対抗するための国際協力、ならびに不正に取得 した資産の回復に関する徹底的措置を定めたものとして、はじめて全世界的に認められた国連腐敗防止条約が広く批准された後、「今では腐敗と闘う必要性につ いて確かな合意ができている」と述べています。


To the page top