1. TOP
  2. お知らせ
  3. 「CSRとCSVに関する原則」について

「CSRとCSVに関する原則」について

2014年3月13日、「CSRとCSVに関する原則」が公表されました。このページでは、その背景と経緯を紹介します。「CSRとCSVに関する原則」(PDF)をダウンロードしていただくこともできます。

【背景と経緯】

マイケル・ポーター教授が2011年に提唱したCSV(Creating Shared Value 共有価値の創造)が日本で紹介されてから、「CSRからCSVへ」、「CSR はもう古い、これからはCSV だ」といった論調が見られるようになってきました。CSVそれ自体というよりも、そうした日本でのとり上げられ方と、本来のCSR(企業の社会的責任)への影響に懸念をいだいた企業、NPO/NGO、消費者団体、シンクタンクなど諸セクターの有志により、研究会として「CSRとCSVを考える会」が2013年夏から4回にわたって開催され、議論が積み重ねられました。そのアウトプットとして、ISO26000(社会的責任の手引き)や国連ビジネスと人権に関する指導原則の観点から一定の基準となる考え方がまとめられたものが「CSRとCSVに関する原則」です。
一般財団法人アジア・太平洋人権情報センター(ヒューライツ大阪)と一般財団法人CSOネットワークは、「CSRとCSVを考える会」での議論で事務局的な役割を担ってきました。

【発起人】

「CSRとCSVに関する原則」が提言されるにあたり、「CSRとCSVを考える会」のメンバーに数名の方々が加わって、発起人となっています(敬称略 50音順)。

赤羽真紀子 足立 直樹 今田 克司 川村 雅彦 黒田かをり 後藤 敏彦 下田屋 毅
白石 理  関 正雄  武田 勝彦 冨田 秀実 富野 岳士  野村 舞衣 菱山 隆二
古谷由紀子 堀江 良彰 松岡 秀紀 米良 彰子 森  摂 和田 征樹

【CSRとCSVに関する原則】

「CSRとCSVに関する原則」はこちらからダウンロードできます。

CSRとCSVに関する原則のダウンロード
(クリックしてPDFをダウンロード)

2014年3月13日
 一般財団法人アジア・太平洋人権情報センター(ヒューライツ大阪)
 一般財団法人CSOネットワーク

 


【「CSRとCSVに関する原則」ウェブページ】

「CSRとCSVに関する原則」の総合ウェブページがアップされています。

「CSRとCSVに関する原則」(日本語/英語)をダウンロードできるほか、大阪/東京で開催されたシンポジウムの報告ページへのリンクが含まれています。とくに、2014年5月21日に東京で開催されたシンポジウム【「CSRとCSVに関する原則」のめざすもの―CSVはCSR課題を解決できるか】については、一部パワーポイント画像も含めて内容を再構成した記録PDFをダウンロードしていただけます。

下記画像をクリックすると総合ウェブページへ進めます。

「CSRとCSVに関する原則」総合ウェブページへのリンク

 

 


 

ページのトップへ