ヒューライツ大阪 国際版トップページ | 日本語トップページ
ヒューライツ大阪とは会員募集ヒューライツ大阪の活動出版物パネル・ポスター貸出データベースNEWS IN BRIEF
日本語版トップ > ヒューライツ大阪の活動 > このページ
UNHCR報告、難民の数は大きく変わらず、国内避難民が増加

 6月16日、国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)は難民、庇護申請者、国内避難民、無国籍者に関する2008年報告を公表しました。難民の数は2007年には2年続きで増加し、1千万を越え、1140万人でした。2008年末には1050万人と若干減少しましたが、依然として1千万を越えています。また、そのうち80%は、発展途上国に、そのうちの18%は後発開発途上国49カ国に滞在しています。昨年と同様、アフガニスタン出身の難民が最も多く、その96%が滞在しているパキスタンが最大の難民受け入れ国であり、アフガニスタンのもう一つの隣国であるイランも3番目でした。
 報告は、難民の数の減少は、自発的帰還などによるものとしますが、2008年に自発的に帰国したのは、60.4万人と07年よりも17%低く、低下の傾向が続いていると述べています。最も多いのはアフガニスタンに帰還した難民ですが、治安の悪化や土地や雇用などの不足などにより、国内の出身地に戻ることが困難になっていることもあげています。
 一方、UNHCRの支援対象となった国内避難民はこれまでで最も多く、1440万人となりました。国内避難民が最も多かったのは、300万人いるとされるコロンビア、次いで260万人とされるイラクでした。
 また、公表にあたり、グテーレス難民高等弁務官は、報告にまだ含まれていない2009年には既にパキスタン、スリランカやソマリアで避難を強いられる人びとが現れていると述べました。

出所:
家を追われている人びとは世界で4,200万人」6月16日UNHCR-Japanプレスリリース 
2008 Global Trends (UNHCR)pdf

参考:
難民の数が2年連続で増加、1千万人を超えるとUNHCR報告」ヒューライツ大阪ニュースインブリーフ https://www.hurights.or.jp/news/t/0806/11.html





日本語版トップヒューライツ大阪の活動現在位置
ヒューライツ大阪 Copyright 2007 HURIGHTS OSAKA.