ヒューライツ大阪 国際版トップページ | 日本語トップページ
ヒューライツ大阪とは会員募集ヒューライツ大阪の活動出版物パネル・ポスター貸出データベースNEWS IN BRIEF
日本語版トップ > ヒューライツ大阪の活動 > このページ
2008年の庇護申請者数、2年連続で増加、UNHCR報告

 3月24日、国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)は、2008年の先進諸国など51カ国への庇護申請者数が、5年ぶりに増加した昨年に続いて増加していると公表しました。報告によると、2008年の申請者の数は約383,000人で、前年より12%増でした。増加率は欧州で13%、北米では9%でした。米国が49,000人と、前年より3%の減少にも関わらず、申請者の数が最も多く、カナダが前年より30%増の36,900人でそれに続きました。続くフランス、イタリア、英国をあわせた5カ国で、庇護申請者数全体の半数の申請先となっています。一方、2007年には2番目の受け入れ先であったスウェーデンは33%減少したほか、ギリシャなども減少しています。
 庇護申請者の出身国では、イラクが3年連続で最も多く、2番目のソマリアの2倍近くの人数で、ロシア、アフガニスタンと続いています。UNHCRは、2番目のソマリアのほか、85%増のアフガニスタン、82%増のジンバブエなどのように、紛争があった国からの庇護申請者の増加が顕著であったことを指摘しています。
 一方、法務省は1月30日、2008年の難民認定者数などについて公表していましたが、それによると、同年日本への庇護申請者数は1,599人であり、前年からほぼ2倍に増えました。また、国籍別では、ミャンマーが最も多く、979人で、トルコ、スリランカと続いています。(3月27日)

出所:
「Conflicts in Afghanistan and Somalia fuel increase in asylum seekers」3月24日付UNHCRプレスリリース 
Asylum Levels and Trends in Industrialized Countries 2008 
「平成20年における難民認定者数等について」法務省  
参考:
「07年の庇護申請者に関するUNHCR報告、5年ぶりの増加」ヒューライツ大阪ニュースインブリーフ(08年3月)




日本語版トップヒューライツ大阪の活動現在位置
ヒューライツ大阪 Copyright 2007 HURIGHTS OSAKA.