ヒューライツ大阪 国際版トップページ | 日本語トップページ
ヒューライツ大阪とは会員募集ヒューライツ大阪の活動出版物パネル・ポスター貸出データベースNEWS IN BRIEF
日本語版トップ > NEWS IN BRIEF > このページ
ネパール-性的マイノリティの権利保障へ前進

  ネパールの4つの性的マイノリティの団体が、性的マイノリティの権利保障を求めて2007年4月に提訴した令状請求訴訟の判決において、ネパールの最高裁判所は12月21日、性的マイノリティは他の市民と同等の権利を保障されるべきであり、政府に対して性的マイノリティを差別する法律を改正ないし新しい法律を制定するよう命令しました
  ネパールの法律で、ゲイが違法と明確に規定されているわけではありませんが、「不自然な性行為」は最高10年の懲役に処するとする規定が、事実上、ゲイやトランスジェンダーなどの性的マイノリティの逮捕に使われてきたということです。判決において判事は「男性や女性といったジェンダーに関係なく、レズビアン、ゲイ、バイセクシュアル、トランスセクシュアル、そしてインターセックスの人も自然な個人であるため、その権利を行使し社会において独立した生活を送る権利を持つ」と述べました。
  この令状請求訴訟の判決を受けて、提訴した性的マイノリティの団体などは、「性的マイノリティの権利を特別に保護する法律ができたわけではないが、最高裁の決定は我々が権利を享受するための第一歩となる」とし、性的マイノリティの権利保障にむけた大きな前進と評価しています。

出所:
・BBC NEWS(21 December 2007), "Nepal court rules on gay rights" (英語)
・BLUE DIAMOND SOCIETY, "Great victory of Nepalese LGBTI!" (英語)

日本語版トップNEWS IN BRIEF現在位置
ヒューライツ大阪 Copyright 2007 HURIGHTS OSAKA.