ヒューライツ大阪 国際版トップページ | 日本語トップページ
ヒューライツ大阪とは会員募集ヒューライツ大阪の活動出版物パネル・ポスター貸出データベースNEWS IN BRIEF
日本語版トップ > NEWS IN BRIEF > 過去の記事(07年07月) > このページ
子どものレイプ事件に迅速に対応するガイドラインを提示-インド連邦人権委員会

  インドの連邦人権委員会は07年7月16日、子どものレイプ事件に迅速に対応するためのガイドラインを発表しました[PDF223KB]。このガイドラインは、昨年ケララ州で子どもへの性的暴行及びレイプ事件が3件続けて起きたことを受けて、インド連邦人権委員会が草案を作成し、全国の警察など関連当局の意見を受けて策定したものです。
  このガイドラインでは、子どものレイプ事件の申立ては、被害者だけでなく、目撃者もしくはNGOの代表を含む、事件の情報を得たその他の者によってもすることができ、申立ての記録、事件の捜査や法医学検査は可能な限り優先して行うものとしています。申立ての取り扱いについては、a)Sub Inspector(監察官補)以上の警官で、可能であれば女性の警察官が担当するb)一字一句記録するc)記録する担当官は私服とするd)記録は必ずしも警察署ではなく、被害者の住居でおこなうこともできるとしています。他に申立人が子どもである場合は、記録するより前にまず子どもが安心できる環境を整え、可能ならば精神科医も同席すること、担当官等は被害者やその家族のアイデンティティを守秘することなどが規定されます。
  また、裁判ではできるだけ女性判事が議長を務めカメラで記録されること、審議中は子どもにやさしい雰囲気にするべきとし、可能ならば、被害者が加害者に接近せずにすむようにビデオによる証言を取り入るべきとしています。さらに起訴状の登録後15日以内に審議を開始するべきと規定し、子どものレイプ事件の迅速な処理と被害者の保護に重点を置いています。

出所:NHRC GUIDELINES FOR SPEEDY DISPOSAL OF CHILD RAPE CASES. [PDF 223KB] (英語)

日本語版トップNEWS IN BRIEF過去の記事(2007年07月)現在位置
ヒューライツ大阪 Copyright 2007 HURIGHTS OSAKA.