ヒューライツ大阪 国際版トップページ | 日本語トップページ
ヒューライツ大阪とは会員募集ヒューライツ大阪の活動出版物パネル・ポスター貸出データベースNEWS IN BRIEF
日本語版トップ > NEWS IN BRIEF > このページ
アルブール国連人権高等弁務官が、タイの軍事クーデターで批判声明を発表 タイ国内外で批判高まる

  タイで、06年9月19日、陸軍司令官などが「民主主義統治改革評議会」を設置し、統治権を掌握し、憲法、議会、憲法裁判所などの権限を停止したことについて、アルブール国連人権高等弁務官は、9月25日に声明を発表し、タイの軍事クーデターの指導部が設置した「民主主義統治改革評議会」(CDRM)が憲法を停止して国会を解散、憲法裁判所の権限を停止したことを批判し、人権と基本的な自由の尊重を確保することを求めました。
  CDRMは、戒厳令下で様々な命令を発していますが、人権高等弁務官は、それらが集会の自由、意見と表現の自由、および恣意的な逮捕・拘束からの自由などの多くの基本的人権を制限するものであると述べています。さらに、権限を停止されたタイ国家人権委員会について、国際人権規約を含む、タイが批准した人権諸条約を想起し、それらの条約下の義務を果たすあらゆる必要な措置をとり、人権委員会を復権するよう求めています。
  また、タイ国内でも、9月25日からタマサート大学やチュラロンコン大学、「10月14日政変記念碑」前などで軍部への抗議集会が開かれました。9月27日付の現地メディアの報じるところでは、15年前のタイ軍事クーデターに反対して立ち上がった民主化リーダーのうち前上院議員プラティープ・ウソンタム・秦さん(Prateep Ungsongtham HATA)や民主主義連合会長のウエン・トチラカンさん(Weng Tochirakarn)らは9月25日にバンコク都内の「10月14日政変記念碑」前で集会を開き、CDRMに対して「子どもたちの目に触れないようにすみやかに戦車を街中から撤去し、陸軍基地に戻すべきだ」との公開質問状を公表し、軍指導部に撤退を要求しました。

出典:
High Commissioner for Human Rights - Urges Thai Authorities to Ensure Respect for Fundamental Freedoms OHCHRプレスリリース2006年9月25日
・バンコク・ポスト(インターネット版)2006年9月27日
軍部への抗議集会が都内で散発 バンコク週報(インターネット版) 日刊ニュース2006年9月27日

日本語版トップNEWS IN BRIEF現在位置
ヒューライツ大阪 Copyright 2006 HURIGHTS OSAKA.