ヒューライツ大阪 国際版トップページ | 日本語トップページ
ヒューライツ大阪とは会員募集ヒューライツ大阪の活動出版物パネル・ポスター貸出データベースNEWS IN BRIEF
日本語版トップ > NEWS IN BRIEF > 過去の記事(05年10月) > このページ
ユネスコ総会で「生命倫理と人権に関する世界宣言」が採択

  国連教育科学文化機関(ユネスコ)はパリで開催中の総会で19日、人の細胞を利用した研究や医療行為などの際に遵守すべき生命倫理の原則を定めた「生命倫理と人権に関する世界宣言(Universal Decralation on Bioethics and Human Rights)」を採択しました。
  生命倫理に関する国際的な原則としては初となるこの宣言は、社会的、法的及び環境的な重要性を考慮して、医薬、ライフサイエンス及び人類に適用される関連技術に関する倫理事項に対応しており、国家が生命倫理の領域で、立法、政策又はその他の手段を形成する上で、参考となる原則及び手続の普遍的な枠組みを提供することなどを目的としています。原則においては特に、「個人の利益及び福祉を科学又は社会の利益に優先させ」、「人間の尊厳、人権の尊重及び基本的な自由が十分に尊重されること」を遵守すべき基本原則として掲げています。

出所UNESCO's General Conference adopts Universal Declaration on Bioethics and Human Rights ユネスコ (英語)
参考Universal Draft Decralation on Bioethics and Human Rights[PDF49KB]. ユネスコ (英語)

日本語版トップNEWS IN BRIEF過去の記事(2005年10月)現在位置
ヒューライツ大阪 Copyright 2005 HURIGHTS OSAKA.