MENU

ヒューライツ大阪は
国際人権情報の
交流ハブをめざします

  1. TOP
  2. つながる
  3. 「哲学塾OWLs」連続セミナー(人権と共生の哲学):2022年9月24日~2023年3月25日(全12回)

「哲学塾OWLs」連続セミナー(人権と共生の哲学):2022年9月24日~2023年3月25日(全12回)

「哲学塾OWLs」は、大阪(Osaka)にある、働く人びと(Workers)が、ともに学び語り合う(Learning)ための学び舎(Space)です。哲学は、〈私〉を中心に人生や社会、世界が存在する意味を深くとことん考える営みです。哲学は、〈私〉が他者とともによりよく生きるための方法を教えてくれます。「知は力なり」。哲学のほんらいの意味は「知を愛する」ことです。哲学の知恵と方法が身につくと、生きる力が湧いてきます。よりよい人生を送るために、ともに哲学を学びじっくりと語り合いませんか。
「哲学塾OWLs」主宰者代表:金泰明(キム・テミョン)・大阪公立大学人権問題研究センター特別研究員、大阪経済法科大学法学部元教授

連続セミナー(人権と共生の哲学)の案内
主  催;「哲学塾OWLs」
テ ー マ ;「人権と共生を哲学する」
開催期間;2022年9月24日~2023年3月25日、計12回開催予定
毎月第2/4土曜日の午後4時-6時
開催方法;講師による講義(1時間)、対話とディスカッション(1時間)
開催形式;教室での対面方式
開催会場;多目的スペースHANA(JR鶴橋下車徒歩10分、近鉄鶴橋東口下車徒歩6分)
〒544-0031 大阪市生野区鶴橋2-15-37
受講料(資料代)1回の講義につき500円(当日会場で支払い)
申し込み方法;以下のフォームに希望講演日と講師名を選んで、①メール: tkim[a]tt.rim.or.jp (送信時には[a]を@に変えてください)、②メッセンジャーに返送してください。③電話: 090-9304-5241(金泰明)に連絡してください。
<受講申し込み>
希望講演日;
受講者氏名;
住所 ;
電話番号/メルアド;
●上記内容を、①メッセンジャーもしくは②金泰明のメルアド(tkim[a]tt.rim.or.jp ※送信時には[a]を@に変えてください)に送信してください。
<スケジュール>
第1回;2022年9月24日(土)午後4時-6時、
 講師は平沼学(学習支援塾"遊"代表)
 テーマは「学習障害の学びの実践」
第2回;2022年10月8日(土)午後4時-6時、
 講師は平野織(G検定取得者、ディープラーニング協会)、
 テーマは「AIと人権を哲学する」
第3回;2022年10月16日(日)午前10時-12時、
 講師は竹田青嗣(至善館大学大学院教授)、
 テーマは「『欲望論』から共生を哲学する」
第4回;2022年11月12日(土)午後4時-6時、
 講師は友永健三(部落解放研究所名誉理事)、
 テーマは「部落問題と人権―水平社宣言100年に寄せて」
第5回;2022年11月26日(土)午後4時-6時、
 講師は森本元祥(橿原市立畝傍夜間中学校教頭)、
 テーマは「夜間中学校と学ぶ権利」(仮題)
第6回;2022年12月10日(土)午後4時-6時、
 講師は西脇邦雄(大阪経済法科大学法学部教授)、
 テーマは「コロナ禍と人権」
第7回;2023年1月14日(土)午後4時-6時、
 講師は苫野一徳(熊本大学教育学部准教授)、
 テーマは「教育を哲学する」
第8回;2023年1月28日(土)午後4時-6時、
 講師は朴永炅(大阪経済法科大学法学部教授)、
 テーマは「日韓の高齢者問題の現状と課題」
第9回;2023年2月11日(土)午後4時-6時、
 講師は大場史朗(大阪経済法科大学法学部教授)、
 テーマは「刑事再審と人権」
第10回;2023年2月25日(土)午後4時-6時、
 講師は松澤翔平(特定非営利活動法人One理事、公認心理士)、
 テーマは「精神障害者の就労支援を考える」
第11回;2023年3月11日(土)午後4時-6時、
 講師は灘本昌久(京都産業大学文学部教授)、
 テーマは「絵本『ちびくろサンボ』絶版問題を哲学する 」
第12回;2022年3月25日(土)午後4時-6時、
 講師は菅原絵美(大阪経済法科大学国際学部教授)、
 テーマは「ビジネスと人権」
(Facebook: https://www.facebook.com/events/610274570468614/?ref=newsfeed)