MENU

ヒューライツ大阪は
国際人権情報の
交流ハブをめざします

  1. TOP
  2. つながる
  3. 6/28 折り返しまで来たSDGs。達成への処方箋~三重苦をどう越えるのか~

6/28 折り返しまで来たSDGs。達成への処方箋~三重苦をどう越えるのか~

 2015年9月に国連で採択された「2030アジェンダ(持続可能な開発目標)」(以下、SDGs)。民間の調査によれば、日本では全世代で7割を超える人がSDGsについて「知っている」と回答しており、SDGsについて多くの人に知られるようになりました。
 他方、SDGsの達成状況は足踏み状態が続いています。特に、最近では、コロナ危機、ウクライナ危機、気候危機という3つの「危機」により、期限となる2030年までの達成が危ぶまれています。
 3つの危機に直面する現在、誰一人取り残さないSDGsの理念をどのように達成すべきなのでしょうか。本イベントでは、3人のスピーカーを迎え、貧困/格差の解消、気候危機への取り組み、人権の視点に立った、取り組みを考えます。SDGs達成に向けた実践的な取り組みを聞く機会ですので、ぜひご参加ください。

第1部はテーマ別の講演です。内容は下のプログラムをご覧ください。
第2部は20〜30名ごとに参加者の皆様も交えたグループディスカッションを行います。

【日時】2022年6月28日(火)15:30〜17:30
【実施】Zoomでのオンライン開催
【主催】SDGs市民社会ネットワーク
【参加費】無料
【参加対象】「誰一人取り残さない」SDGsの実践に関心のある方
【イベント詳細】https://www.sdgs-japan.net/single-post/0628sgsjapan_event
【参加申込】https://00m.in/slj23

<プログラム>(法人格・敬称略)*変更の可能性がございます。
15:30 開会
第1部<実践のご紹介>(各25分)
【コロナ×食糧危機とSDGs】
関根佳恵(家族農林漁業プラットフォーム・ジャパン常任理事)
【ウクライナ危機×法と正義とSDGs】
川崎 哲(ピースボート共同代表 / 核兵器廃絶国際キャンペーン(ICAN)国際運営委員)
【気候危機×エネルギー政策とSDGs】
桃井貴子(気候ネットワーク東京事務所長)

第2部<グループ・ディスカッション>(25分)
実践についての情報交換(平和×コロナ×気候危機)

17:30 閉会

SDGs市民社会ネットワーク事務局
担当:久保田
office@sdgs-japan.net