1. TOP
  2. つながる
  3. 12.7 出版記念シンポジウム「勝手に国際離婚?!~無断離婚被害者と共に考える~」

12.7 出版記念シンポジウム「勝手に国際離婚?!~無断離婚被害者と共に考える~」

協議離婚制度は、当事者の合意のみで離婚が成立する、非常に簡便な制度です。
そのため、日本人配偶者に合意なく勝手に離婚届を出されていたという外国人からの相談ケースは珍しくありません。
勝手に離婚された外国人には在留資格や生活環境のみならず、子どもの国籍や在留資格、養育環境などについて、深刻な問題が生じていました。
協議離婚制度は、子どもや経済的に不利な女性、そして外国人といった、社会的弱者に大きなしわ寄せを及ぼす問題の多い制度です。
「リコン・アラート(協議離婚問題研究会)」は、このような問題意識や無断離婚のケースを持つ支援団体で結成され、この度無断離婚被害者の救済を目的として、支援者への情報発信の一環で作成した支援者向けマニュアル「無断離婚対応マニュアル」を作成しました。(出版社:日本加除出版)
この出版記念シンポジウムでは、無断離婚の被害を受けた当事者や、執筆者等からの報告をふまえ、被害者支援のあり方や協議離婚制度の今後について議論を深めたいと思います。当日、書籍の販売も行います。

■日時:2019年12月7日(土)13:00~16:00(12:30開場)
■会場:とよなか国際交流センター CCスペース(阪急豊中駅下車すぐ)
   大阪府豊中市玉井町1-1-1-601  
■アクセス:阪急電鉄宝塚線 豊中駅前「エトレ豊中」ビル6階
      http://www.a-atoms.info/about/access.php
■参加費:無料(電話・Fax・メールにてお申込み下さい)
■定員: 50名
■主催:協議離婚問題研究会(リコン・アラート)/とよなか国際交流センター
■後援(申請中):大阪弁護士会、日本家族〈社会と法〉学会
■お問合せ・申込み:
公益財団法人とよなか国際交流協会(とよなか国際交流センター指定管理者)
〒560-0026 大阪府豊中市玉井町1-1-1-601(水曜休館)とよなか国際交流センター
電話 06-6843-4343 /FAX 06-6843-4375  メール atoms@a.zaq.jp
■一時保育:有、要申込
(持ち物)手拭きタオル・着替え・お茶
※持ち物にはすべて記名をお願いします。料金:子ども1 人につき税込500 円)
※会場受付にて現金でお支払い下さい。
※申込締め切り12 月 2 日(子どものなまえと年齢  歳 カ月を明記)

■プログラム
・はじめに  協議離婚問題研究会(リコン・アラート)について
 松本康之(弁護士/とよなか国際交流協会理事長)
・第1部 パネルトーク 「当事者・支援者が語る~私の『無断離婚』」
パネラー:
 当事者の方
 吉嶋かおり(とよなか国際交流協会外国人のための多言語相談サービス相談員/臨床心理士)
 崎原卓(弁護士)
進行:松本康之
・第2部 これからの展望~私たちにできること
「協議離婚の問題点と改革の方向性」 発題者:二宮周平(立命館大学法学部教授)
「裁判での闘い方」 発題者:芝池俊輝(弁護士、外国人ローヤリングネットワーク世話人)
「無断離婚被害者をどう支えるか・市民との協働」 発題者:木村雄二(RINKすべての外国人労働者とその家族の人権を守る関西ネットワーク)
・第3部 フロアとの意見交換

※終了後、交流会を行います。参加希望の方は、お申込み時にお知らせください。
 時間:16:30~18:00 会場:とよなか国際交流センター(エトレとよなか6階、シンポジウム会場の上階です) 
 参加費:2000円(軽食付き、当日受付にてお支払い下さい)。

チラシ(PDF)はこちら → 勝手に離婚シンポチラシ_表.pdf 勝手に離婚シンポチラシ_裏.pdf
勝手に離婚シンポチラシ.jpg

ページのトップへ