1. TOP
  2. つながる
  3. 10.14 巨大台風を生き抜いた女性が語る「気候危機から未来を守るのは私たち」

10.14 巨大台風を生き抜いた女性が語る「気候危機から未来を守るのは私たち」

フィリピンから気候危機と闘う女性が来日 東京と大阪で講演!

日付:2019年10月14日(月・祝)14:00~16:00(開場13:30)
講師:マリネル・スモーク・ウバルドさん(環境活動家)
場所:大阪市中央公会堂大会議室 (地下1階「西入口」)
  大阪市北区中之島1-1-27 http://osaka-chuokokaido.jp/map/
参加費:500円、学生無料(学生証提示ください)
逐次通訳あり
事前申込はこちらから
https://www.amnesty.or.jp/get-involved/event/2019/1014_8294.html

気候変動によって命が失われ、食べ物を育てられなくなり、住むところが奪われている中、各国政府の気候変動対策は足踏み状態です。
それでは私たちに未来はありません。
危機感を募らせた若者たちが、世界中で対策を求めるために立ち上がっています。
こうした現状をお伝えし、私たちに何ができるかを考えるために、アムネスティ日本では、気候危機と闘っている女性を招いて講演会を行います。
マリネル・スモーク・ウバルドさんは、フィリピンの巨大台風を験したことをきっかけに、気候変動の影響から家族とコミュニティを守るために闘うことを決意しました。
異常気象で命や暮らしをこれ以上脅かされないために、私たちは何をすればいいのか? みなさんと一緒に考える機会です。ぜひ、ご参加ください。

講演者プロフィール: マリネル・スモーク・ウバルドさん
気候変動のリスクを彼女の身の周りの人たちに知ってもらうために活動している環境運動家。
2015年にパリで開催された国連気候変動枠組条約締約国会議(COP)21で脆弱な国における気候変動の影響について話し、またニューヨークでは、フィリピン人権委員会によって開催された研究会で、気候変動と人権侵害に関する企業責任について証言。さらに複数のコミュニティや学生に対し環境問題や気候変動、気候正義に関するセミナーを開催。
サマール島の住民が2019年9月20日のグローバル気候マーチに参加するためのサポートも行う。

当日会場ボランティアを募集中
fwht6821@mb.infoweb.ne.jp (佐野)までご連絡ください。

主催:公益社団法人 アムネスティ・インターナショナル日本
連絡先:アムネスティ大阪事務所
〒541-0045 大阪市中央区道修町3-3-10 日宝道修町ビル302
TEL:06-6227-8991  FAX: 06-6227-8992
https://www.amnesty.or.jp/

イベントページ
https://www.amnesty.or.jp/get-involved/event/2019/1014_8294.html
https://www.facebook.com/events/928394470839712/

ページのトップへ