1. TOP
  2. これからの事業
  3. 第10回じんけんカタリバ 「生理をタブーから解き放つ」(オンラインセミナー)

第10回じんけんカタリバ 「生理をタブーから解き放つ」(オンラインセミナー)

 コロナ禍は特に女性に深刻な影響を与えています。このような状況の中、注目されるようになった問題として「生理の貧困」があります。
 生理が「穢れ」と考えられ、生理中の女性が排除・隔離された時代がありました。生理への偏見は今も完全になくなっておらず、恥ずかしいもの、隠すものとされ、気軽に話題にできる環境とはいえません。
 しかし、生理は女性の健康に直結する大切な体の仕組みです。
性と生殖に関する健康と権利を考えるうえで生理へのタブーがなくなることが重要です。
 そのために私たちの認識をどのように変えればよいのでしょうか。生理にまつわる歴史的、社会的背景を学びつつ、性別を超えてみんなで考えてみたいと思います。

日 時2021年11月25日(木)  午後6時30分~8時
定 員:30名(先着順)
参加費:無料
※ZOOMを使ったオンラインセミナー

講師田中ひかるさん
<プロフィール>
1970年東京生まれ。歴史社会学者。博士(学術)。立教大学兼任講師。
女性に関するテーマを中心に、執筆・講演活動を行う。
著書に『生理用品の社会史』(角川ソフィア文庫)、『月経と犯罪〝生理〟はどう語られてきたか』(平凡社)、
『明治を生きた男装の女医高橋瑞物語』(中央公論新社)、『「オバサン」はなぜ嫌われるか』(集英社新書)などがある。
http://tanaka-hikaru.com/

申込み:次のうちいずれかの方法でお申込みください
1)申込フォームに入力(https://forms.gle/jYkRaAia1hUfHmYE6)もしくはQR コードを読み取って申込んでください。

11-25用QRL.png

2) Eメール(webmail@hurights.or.jp) で申込み→お名前/メールアドレス/電話番号/セミナーのタイトル/お住まいの都道府県or 国/ 所属(あれば) を必ず記入してください。

主催:(一財)アジア・太平洋人権情報センター(ヒューライツ大阪)
TEL:06-6543-7003E メール:webmail@hurights.or.jp
住所:大阪市西区西本町1丁目7-7 CE西本町ビル8階

11月カタリバチラシ.jpg

11月カタリバチラシ.pdf

 


ページのトップへ