1. TOP
  2. これからの事業
  3. 世界人権デー/オンラインセミナー「フィリピン - 麻薬撲滅戦争とコロナ禍が隠れみのにされる超法規的処刑」

世界人権デー/オンラインセミナー「フィリピン - 麻薬撲滅戦争とコロナ禍が隠れみのにされる超法規的処刑」

 フィリピンでは2016年6月末にドゥテルテ大統領が就任し、「麻薬撲滅戦争」を開始してから4年以上が経ちました。2020年6月、国連人権高等弁務官事務所は独自の調査にもとづくフィリピンの人権状況についての報告書を作成し、第44会期国連人権理事会(2020年6月15日~7月3日開催)に提出しました。報告書によると、フィリピン政府機関の情報を集計すると2016年7月以降、「麻薬撲滅戦争」の名のもと、8,663人が警察官や正体不明の人物によって殺されたと述べています。一方、人権団体の情報ではその3倍もの市民が殺されているとしています。また、人権や環境問題に取組む活動家やジャーナリストなどが200人以上殺害されているとの報告を人権高等弁務官事務所は確認しています。
 
「麻薬撲滅戦争」や政治的な理由による殺害・襲撃などは「超法規的処刑」、つまり法的手続きに則らずに実施されており、国内だけでなく、国連をはじめとする国際社会が憂慮しています。「超法規的処刑」は、過去の政権においても深刻な問題でしたが、ドゥテルテ政権下において、市民の支持の高い「麻薬撲滅」政策を隠れみのに、殺害事件が頻発しています。またコロナ禍の移動制限のもとで、被害者や遺族の納得のいく調査がなされないまま加害者の特定がうやむやにされるなど、これまで以上に不処罰の事件が増えるのではと懸念されます。
 
本セミナーでは、12月10日「世界人権デー」に合わせ、フィリピンで長年続いてきた深刻な人権侵害の状況を振り返るとともに、今年5月に南コタバト州に住む友人が殺害されるという事件に衝撃を受けた石井正子・立教大学教授、そしてその遺族の支援を続けているジョナサン・ウランダイ牧師などが報告します。ミンダナオ島からオンラインで結ぶウランダイ牧師には、「麻薬撲滅戦争」により正当化され、コロナ禍で捜査が進まない超法規的処刑の実態を報告いただきます。ぜひご参加ください。
 
内容 & プログラム(使用言語:日本語、英語/逐次通訳あり)
 
日時:2020年12月10日(木)19:00-21:00 ※オンラインセミナー
19:00~19:05 開会 司会:藤本伸樹
19:05~19:20
「2000 年代から国連人権理事会で問われ続けるフィリピンの超法規的処刑」
  藤本伸樹(ヒューライツ大阪)
 
19:20~19:35
「コロナ禍でも続く環境・人権擁護活動に対する弾圧と超法規的処刑」
波多江秀枝(国際環境NGO FoE Japan委託研究員)
 
19:35~20:25
「麻薬おとり捜査とある村長の死:親愛なる友人ジョニーの殺害と進まないコロナ禍での調査」
石井正子(立教大学異文化コミュニケーション学部教授)
ジョナサン・ウランダイ(Jonathan Ulanday)フィリピン・メソジスト教会牧師
     (逐次通訳・石井正子)
 
20:25~21:00 質疑応答
 
参加費:無料
 
<申込方法>
以下のサイトより事前にお申し込みください。ご登録後、ウェビナー参加に関する確認メールが届きます。
https://us02web.zoom.us/webinar/register/WN_E-VxJzgMTGKw1qXSQu1xuQ
 
詳細情報:https://www.rikkyo.ac.jp/events/2020/12/mknpps000001ctzi.html (立教大学)
 
主催:立教大学異文化コミュニケーション学部
ヒューライツ大阪(一般財団法人アジア・太平洋人権情報センター)
協力:国際環境NGO FoE Japan

ページのトップへ