1. TOP
  2. これからの事業
  3. 「じんけんシネマ2020」(12月5日&12月13日)

「じんけんシネマ2020」(12月5日&12月13日)

誰もが、人として、大切にされる世界をつくるために…。人権に関心がある人も、人権についてあまり知らない人も映画を通じて、人として大切にされることについて、考えてみませんか?

【1日目】12月5日(土)
『みんなの学校』10:00上映(9:30開場)
※定員となりましたので、申込を終了しました。(11/26)
(2015年/日本/106分/日本語(日本語字幕) 監督:真鍋 俊永)
◇ だれにも居場所を ◇
すべての子どもたちに居場所がある学校づくりをめざす大阪市立大空小学校の取組みを追ったドキュメンタリーです。厄介者扱いされていた転校生を教師と同級生そして地域が包み込み、共に成長していく姿は見る人の心を熱くします。

「タクシー運転手 ~約束は海を越えて~」13:30上映(13:00開場)
(2017年/韓国/137分/韓国語(日本語字幕) 監督:チャン・フン)
◇ 光州事件から40周年 ◇
韓国光州市で40年前、民主化を求める市民たちを襲った悲惨な出来事。
その事実を世界が知ることになった実話をもとに製作されました。
ソウルからお金につられてやってくるタクシー運転手が「民主主義」に出会い変わっていく姿を、映画『パラサイト』のソン・ガンホが熱演します。

【2日目】12月13日(日)
『ビリーブ ~未来への大逆転~』10:00上映(9:30開場)
(2018年/米国/120分/英語(日本語字幕) 監督:ミミ・レダー)
◇ 追悼ギンズバーグ ◇
優秀な成績でロースクールを卒業したのに、女性だからという理由で、法律事務所での仕事を得られなかったギンズバーグ。のちに合衆国最高裁判事となり数々の歴史的判決を勝ち取りました。北京女性会議から25年の今年、彼女の一生を、一緒に目撃しましょう。
 
チラシはこちら12-5-13じんけんシネマ.pdf
 
会    場:クレオ大阪中央
(大阪市天王寺区上汐5-6-25 最寄り駅:Osaka Metro 谷町線  四天王寺前夕陽ヶ丘駅)
参  加  費:無料
定    員:各40名(先着順)
一時保育:あり
(1~2歳:800円 3歳~就学前:500円 申込締切:11月25日(水))
申込・問合先クレオ大阪中央(電話:06-6770-7200)
※申込は、クレオ大阪中央にておこないます。お間違いのないようお願いいたします。
主    催:ヒューライツ大阪 、クレオ大阪中央(大阪市立男女共同参画センター中央館)
共    催:国連ウィメン日本協会大阪
 
じんけんシネマ.jpgのサムネール画像

ページのトップへ