1. TOP
  2. これからの事業
  3. 第5回対話をとおして"人権教育"に出会いなおす~自分の中にある複数のアイデンティティをみつめる~

第5回対話をとおして"人権教育"に出会いなおす~自分の中にある複数のアイデンティティをみつめる~

第5回対話をとおして"人権教育"に出会いなおす
~自分の中にある複数のアイデンティティをみつめる~

 みなさんは「複合差別」や「ダブルマイノリティ」という言葉を聞いたことがありますか?現在の日本社会では個別のマイノリティ問題については、理解をする必要があるという考えがようやく広がってきています。しかし、二重、三重、幾重のアイデンティティをもつマイノリティの方々にとって、まだまだ見えない壁が存在しています。彼ら/彼女らの目からみて、この社会はどのような社会でしょうか。
 今回はろうと性的マイノリティをキーワードに、さまざまなマイノリティとしての背景をもつ山本芙由美さんと語り合います。二重のマイノリティの方々の生活には、どのような見えない壁があるのでしょう。
 多様性を強みとする社会について、一緒に考えませんか?

日時:2019年 3月9日(土)午後2:00~午後4:30 <受付1:45~>
会場:ヒューライツ大阪 セミナー室(大阪市西区西本町1-7-7CE西本町ビル8F)
 【最寄り駅】地下鉄四つ橋線「本町駅」27番出口右側すぐ
(1階に和菓子屋「高砂堂」、右側入り口すぐエレベーターあり)

定員:25人   チラシPDF⇒3.9チラシPDF.pdf
参加費:500円 (ヒューライツ大阪会員 300円) ※手話通訳があります

主催:ヒューライツ大阪(一般財団法人アジア・太平洋人権情報センター)
お申込・お問合せ:webmail[a]hurights.or.jp TEL 06-6543-7003 FAX 06-6543-7004

カタリテ:山本芙由美さん
ろうLGBTQを支援する団体 Deaf LGBTQ Center代表。兵庫教育大学大学院博士前期課程修了(特別支援教育専攻)。日本財団の支援を得て2015-2017年ギャロデット大学(米国)で、ろうLGBTQ学を専攻。その後、2018年フィリピンのろうLGBTQコミュニティの活動調査を実施。現在、「ろう×LGBTQサポートブック」の発行や動画制作、講演、原稿執筆、手話通訳者トレーニング実施など幅広く活動中。

ファシリテーター:金和永さん
大阪大学大学院博士後期課程。大阪市生野区コリアタウンにあるNPO法人クロスベイスのスタッフ。大学では、哲学の「対話」とくに「子どもと一緒にする哲学」について学び実践しながら外国ルーツの子ども・若者の居場所づくりの活動に関わる。クロスべイスの活動を通して生野という地元につながり直している。

キキテ:金夏琳
ヒューライツ大阪 職員。韓国・ソウル生まれ。韓国語・日本語・英語を背景に育つ。2011年、日本に留学生として来日し、大学・大学院でジェンダー、セクシュアリティ、社会学について学ぶ。大阪大学大学院人間科学研究科博士前期課程修了。

3.9チラシ表.JPG

3.9チラシ裏.JPG

ページのトップへ