1. TOP
  2. これからの事業
  3. 第2回 じんけんカタリバ「スマホから考える世界・わたし」

第2回 じんけんカタリバ「スマホから考える世界・わたし」

第2回 じんけんカタリバ 「スマホから考える世界・わたし

スマホは誰がどう作っているの?」
「スマホと人権?!」

 スマホと私たちの関係とは?
 私たちが身近に使っているスマホは、世界のどこで、どのようにして製造されているのでしょうか?

 第2回じんけんカタリバでは、スマホの生産工程における人権問題を取り上げます。
 開発教育協会の佐藤友紀さんと一緒にスマホのサプライチェーンについて学び、グローバル経済における人権問題についてロールプレイで考えます。
 2018年度消費者教育教材資料表彰で「優秀賞」を受賞したワークショップです。

 皆様のお越しをお待ちしています!

今回のカタリテ:佐藤 友紀さん(開発教育協会 理事)
ワークショップファシリテーター。身近な生活と世界の諸問題とのつながりを実感し、
地球的視野に立つ学びを目指した教材作りや開発教育の普及に取り組んでいる。2006年から現職。

日時:2018年7月4日(水)午後6時半~8時半
会場:ヒューライツ大阪セミナー室
   大阪市西区西本町1-7-7CE西本町ビル8F(地下鉄本町駅 27番出口すぐ)

   資料代:300円(会員は無料)
    定員:25名 (先着順)
主催・問合せ:ヒューライツ大阪((一財)アジア・太平洋人権情報センター)
       webmail[a]hurights.or.jp 
       TEL : 06-6543-7003
チラシPDFはこちら第2回じんけんカタリバちらし.pdf

第2回じんけんカタリバチラシカラー.jpg

ページのトップへ