1. TOP
  2. これからの事業
  3. パレスチナ・ガザの今~知ることから始めよう!

パレスチナ・ガザの今~知ることから始めよう!

パレスチナ・ガザの今~知ることから始めよう!

日時:2018年7月28日(土)18時~20時
場所:ヒューライツ大阪・セミナー室
   (大阪市西区西本町1-7-7  CE西本町ビル8階)
   略図 https://www.hurights.or.jp/japan/access.html 
   地下鉄四つ橋線の本町駅 27番出口すぐ

講師:佐藤真史さん(国境なき医師団)
参加費:500円
申込み:ヒューライツ大阪(一般財団法人アジア・太平洋人権情報センター)
Eメールwebmail@ hurights.or.jp, Tel 06-6543-7003, Fax  06-6543-7004
主催:シャプラニール関西、ヒューライツ大阪

 佐藤真史さんは、2018年5月にパレスチナ・ガザ地区に国際NGO「国境なき医師団」(MSF)より手術室看護師として約1カ月間派遣されました。
 その期間、在イスラエル米国大使館のエルサレムへの移転が行われたり、1948年のイスラエル建国に伴って故郷を追われ、パレスチナ難民が発生した5月15日の「ナクバ(大破局)の日」から70年を迎えたこともあり、2018年3月から続いていた抗議デモがさらに激化しました。イスラエル軍に銃撃され、四肢を撃たれたデモ参加者が多く運びこまれてきました。
 佐藤さんの報告から、日本に住む私たちはパレスチナ問題にどう向き合えるのかを一緒に考えたいと思います。

<佐藤真史さんのプロフィール>
 1994年、立命館大学国際関係研究科修了。2006年赤十字看護専門学校卒業。高槻赤十字病院看護師として勤務。2017年よりMSFに参加。現在は、千里リハビリテーション病院に勤務。

<参考>
https://www.asahi.com/articles/ASL5X1VNPL5XUHBI001.html 
パレスチナの病院で日本人奮闘 67人死亡した現場(2018年5月29日 朝日新聞)

チラシはこちらをダウンロード⇒ガザチラシ.pdf

ガザ7.28.PNG

ページのトップへ