MENU

ヒューライツ大阪は
国際人権情報の
交流ハブをめざします

※受付終了しました 6.25オンライン「私のアイデンティティを語るー日本とコリア、そしてジェンダー」+ジェンダー理解のためのイチオシ韓国ドラマ」

6-25画像採用.jpg 山下英愛さんは、大学で日韓の歴史や文化を通じてジェンダーを教える研究者。1988年のソウルオリンピックの年に、韓国に留学しました。目的の一つは、朝鮮の女性史・女性問題の研究をしたいこと。そしてもう一つは、アボジの故郷である韓国に行って、言葉と文化を身につけ、アイデンティティの悩みに終止符を打ちたいという思いでした。
 お母さんが日本人で、自身も日本国籍であることを12歳で知る山下英愛さんは、日本とコリアの狭間で民族について悩み、またジェンダーにも敏感な少女でした。大学時代にフェミニズムと出会い、「やました よんえ」と名乗ることに。そして、韓国に行って女性学を学びつつ「慰安婦」問題に取り組みます。それはアイデンティティをめぐる葛藤の連続でした。今回は、山下英愛さんのアイデンティティに関わって人生の前半を丁寧に聞きたいと思います。併せて、ジェンダーを理解するためのイチオシ韓国ドラマも紹介していただきます。  

主な著書:『新版ナショナリズムの狭間から:「慰安婦」問題とフェミニズムの課題』(岩波現代文庫、2022年)『女たちの韓流:韓国ドラマを読み解く』(岩波新書、2013)など。

2022年6月25日(土) 午後3時30分~5時30分 
講師: 山下英愛(やました よんえ)さん  (文教大学教授)

参加費500円(Peatixで申込)、ヒューライツ大阪会員は無料
定員:50名
開催方式:ZOOMによるオンライン

申込み
1)Peatixのサイト(https://peatix.com/event/3252387/view)にアクセスして、申し込んでください。
もしくはQR コードを読み取って申込んでください。
6-25セミナー用.png
2)会員はEメール(webmail[@]hurights.or.jp ※メール送信時には[@]のカッコ[ ]をはずし@に変更してください)
タイトルに「私のアイデンティティを語る」参加希望/お名前/メールアドレス/よろしければ講師への期待や主催者への伝言をご記入ください。

問合せ:ヒューライツ大阪 電話 06-6543-7003 、Eメール webmail[@]hurights.or.jp
※メール送信時には[@]のカッコ[ ]をはずし@に変更してください。

主催:一般財団法人アジア・太平洋人権情報センター(ヒューライツ大阪)