MENU

ヒューライツ大阪は
国際人権情報の
交流ハブをめざします

※申込締切ました(5/12)※ 5.12オンライン報告会「ウクライナ侵攻-現地取材したジャーナリストに聴く」

 2月24日にウクライナ各地でロシアによる大規模な攻撃が始まってから、2ヵ月が経過しました。子どもを含む多数の民間人が死傷し、1,000万人近い人が国内で避難を強いられているとみられています。また、国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)によると、4月23日現在、約520万人が国外に逃れています。21世紀最大の人道危機と言われるほどの事態に直面し、状況は悪化を続けています。
 そうしたなか、ジャーナリストの藤原亮司さんは、3月5日から4月7日までポーランドから陸路でウクライナ入りし、リビウやキーウ、そして虐殺や激しい戦闘が行われたブチャ、イルピンなどを取材してきました。報告会では、映像と写真を交えながら、現地の状況、市民のようすや声などを藤原さんに伝えていただきます。藤原さんは、パレスチナやシリア、アフガニスタンなど紛争地帯の取材を20年以上にわたり続けているジャーナリストです。
車写真.png
日時5月12日(木)午後7時~8時30分 
※Zoomによるオンライン
報告藤原亮司さん(ジャパンプレス所属ジャーナリスト)
定員:80名(先着順)
参加費:無料
申込み:次のうちいずれかの方法でお申込みください。
1)フォームに入力 (https://forms.gle/v3vJJDqZBfobytFQ7)
もしくはQR コードを読み取り入力してください。
5-12QRコード.png
2) Eメール(webmail[a](送信時には[a]を@に変えてください)hurights.or.jp) で申込み→セミナーのタイトル/お名前/メールアドレス/電話番号/お住まいの都道府県or 国/ 所属(あれば)を記入してください。

主催:(一財)アジア・太平洋人権情報センター(ヒューライツ大阪)
Tel:06-6543-7003 Fax:06-6543-7004
5-12サイト用.jpg5-12チラシ用.pdf