1. TOP
  2. 人権さまざま

人権さまざま

 「人権さまざま」は、ヒューライツ大阪のニュースレター『国際人権ひろば』2006年9月号(No.69)から 連載を始めた随筆です。生活の様々な場面、筆者の思い出などを手繰りながら、 人の日常生活の中の大切な人権課題に関して、筆者の思いを織り交ぜながら綴っています。

人権は、決して特別で深刻な出来事とか特定の人びとだけにかかわるものではなく、 すべての人にとって日常生活の喜び、楽しみ、悲しみ、苦しみなどの中にひそむ大切な宝物なのです。

白石 理
ヒューライツ大阪所長

日本の伝統と人権 (2010年05月)

ウィーン宣言および行動計画、第1部、5節 すべての人権は、普遍的且つ不...

不都合な話題 (2010年03月)

世界人権宣言 第三条  すべて人は、生命、自由及び身体の安全に対する権利...

「あの人、鬱(うつ)に苦しんでいました」 (2010年01月)

経済的、社会的及び文化的権利に関する国際規約 第12条 1 項 この規約の締約国...

お金と人権 (2009年11月)

経済的、社会的及び文化的権利に関する国際規約 第二条 1 この規約の各締約国は、...

おいしい水 (2009年09月)

経済的、社会的及び文化的権利に関する国際規約 第十一条 1 この規約の締約国は、...

「肩書き」がものをいう社会 (2009年07月)

「心で見なければものはよく見えない。大切なものは目には見えないんだ」 『星の王子...

「建前と本音」あるいは「理想と現実」 (2009年05月)

 4月末の1週間、人種、民族、国籍、宗教、出自などを理由とする差別や不寛容の国際...

笛吹けども踊らず? (2009年03月)

 不況の嵐が吹き荒れ、仕事や住処を失い、生きていく最低の条件まで危うくなる人が増...

不況の年を生き抜こう (2009年01月)

世界人権宣言 第22条  すべて人は、社会の一員として、社会保障を受ける権利を...

格差社会の貧困 (2008年11月)

1. すべて人は、衣食住、医療及び必要な社会的施設等により、自己及び家族の健康...

前の10件 1  2  3  4  5  6

ページのトップへ